内定者懇親会の連絡への返信方法とは | 新卒就活.com

2016/09/09更新

内定者懇親会の連絡への返信方法とは

内定者懇親会の連絡への返信方法についてご紹介します。
内定者懇親会とはなにかご存知ですが?
企業が主催で行う交流会のようなもので、内定者や企業の繋がりを深めるのが主な目的とされています。
ですから、内定者懇親会の案内メールが来た際は出欠席問わずに必ず返信をしましょう。

内定者懇親会を開く企業の目的とは?

thank-you-515514_640

内定者懇親会連絡への返信はしっかりとマナーを守って返信しないと恥ずかしいどころかマイナス評価をされることがあります。
しかし、そもそもなぜ内定者懇親会を開くのか?
ほとんどの人が内定者同士の交流を深めさせるためと思っているようですが、それは半分正解半分不正解です。

~内定者の入社辞退を防ぐため!~

企業が内定者懇親会を開く目的は「内定者の入社率を高めるため」です。
企業は内定者を出すまで多くの資金を投じて採用活動を行ってきました。
そのため内定者を手放したくないという気持ちは当然です。
内定者懇親会を開いて内定者同士の同期意識を高めることで、入社率を高めようとしているのです。

内定者懇親会連絡に出席する場合の返信方法

内定者懇親会の連絡はほとんどの場合メールで送られてきますが、こちからはメールを返信すればいいのか電話をすればいいのか迷うところですが。
基本的はメールで返信しましょう。
ビジネスシーンにおいて緊急性がない限りメールでの連絡が基本です。

~メールでお礼し参加を伝えること!媚を売る内容はNG~

メールでは連絡をくれたことへのお礼をまず述べ、内定者懇親会に参加するという旨を伝えます。
内定者懇親会への返信はお礼状のように仰々しく参加への心境や指導を仰ぐような文は必要ありません。
連絡へのお礼と参加する意思を示すだけでいいでしょう。
あまりに媚を売るようなメールは好まれません。

内定者懇親会連絡を欠席する場合の返信方法

内定者懇親会には様々な理由で参加できなかってり参加したくない人も多いでしょう。
そのときにはどうしたいいのか?
大学や何かの都合でやむ終えず参加ができない場合であれば、メールで返信するのではなく電話ですぐに連絡しましょう。

~誠意を示すためにも電話で連絡すること!~

内定者懇親会は企業都合の目的はありますが、内定者の不安を取り除くという目的もあります。
その心配りに対する誠意として電話で連絡をしましょう。
もし第一志望ではないから等の理由で辞退する場合であればメールで返信でも構いません。
その場合は都合が悪いと曖昧に答えておけば、それ以上突っ込んではこないでしょう。

内定者懇親会への返信はメールで!よほどの理由がない限りは参加するのがベスト

いかがでしょうか?今回は内定者懇親会連絡への返信方法についてご紹介しました。
第一志望ではないからといって参加しない人も多いですが、内定者懇親会ヘは積極的な参加をおすすめします。

内定者懇親会ではこれまで見られなかった企業の内情を知ることができる機会であり、これを機に企業への好感が高まるかもしれません。
それにもし、第一志望から内定がもらえなかったときはその企業に入社することになるのですから参加しておくメリットはあるでしょう。
内定者懇親会への参加は良く考えてから新社会人として良識のある返信を心がけましょう。