内定者懇談会に参加する際の服装マナーについて | 新卒就活.com

2016/09/01更新

内定者懇談会に参加する際の服装マナーについて

内定者懇談会に参加する際の服装マナーについてご紹介します。
内定式のような厳格な催しというよりは、少しフランクな雰囲気で行われることが多い内定者懇談会。
内定者同士や社員との交流を深めるのが目的ですが、間違った目立ちかたをしてしまうと、後々の後悔することになるかも……。

内定者懇談会の服装マナー1,オフィスカジュアル

tie-642063_640

内定者懇談会での服装は基本的には指定がない場合が多いでしょう。
もしあったとしても服装は自由で、とか、リラックスした服装でお越し下さいとかそういう指定になるでしょう。
指定がなかったりそういう指定だったりしたからといって、なんでも良いわけではありません。

~ジャケットにシャツとチノパン・ワンピースなどが適切~

そういう時に本当の私服で派手だったりやたらオシャレだったりしても悪目立ちして悪い印象を残すだけです。
こういう内定者懇談会のような場では、リラックスした服装、私服と書かれていても、指定がなくても、オフィスカジュアルのようなきちんとしてみえる服装で行くのがマナーです。
ジャケットにシャツにチノパン。ワンピースにジャケットなど、オフィスカジュアルを意識して服装を選びましょう。

内定者懇談会の服装マナー2,革靴かパンプスを用意する

内定者懇談会は靴を脱ぐような場所で行われることもあります。
そのような場所で内定者懇談会が行われる場合、服装の中でもいつも以上に靴に注目が行くものです。
そこでもし靴が汚れていたら、見た目のマナーも悪いですし、もしかしたら臭いがついてしまう可能性もありますよね。

~綺麗でもスニーカーはマナー違反!~

ですから、内定者懇談会の服装では、靴にも気を使い、汚れていない綺麗な革靴を履くのがマナーなのです。
女性の場合は綺麗なパンプスを着用すると良いでしょう。
汚れていなくもスニーカーはカジュアルすぎるので、男女問わずいまいちTPOに合わないことが多いです。
綺麗な革靴、パンプスを選ぶようにしてください。

内定者懇談会の服装マナー3,会場が会社の場合はスーツで!

ただし、内定者懇談会が会社で行われるという場合は、服装もスーツで行くのが適切です。
内定者懇談会の服装はTPOに合わせるのが一番です。
会社外ならスーツでない人が多いところで行われるでしょうから、あくまで会社行事であるということさえ忘れずにキチンとした私服で行くのが適切です。会場が会社とはスーツで働く人が多い場所なので、スーツで行くのが適切です。

~リクルートスーツでOK!柄物のネクタイを身に付けても吉~

その際のスーツはリクルートスーツで、それにちょっと目を引くネクタイをしていくようにすると良いです。
リクルートで使っていたような地味な柄以外でも内定者懇談会では許されます。
むしろそういうネクタイを選んだ方が喜ばれることが多いので、ちょっと派手な赤い柄物のネクタイや、大柄のドットタイなどを選んでみると良いでしょう。

内定者懇談会はTPOに合わせた服装で参加しよう!

以上、内定者懇談会の服装マナーについてのご紹介でした。
内定者懇談会の服装は以上のように、TPOに合わせて人と違わないような服装をしていくのが適切です。
個性を出すのは仕事を始めてからで十分です。

もし意図的に個性を出したのでなく、こうしたマナーを知らずに結果的に個性が出てしまったというのでも、受け取る方にしたら同じこと。
そうならないようにここで見てきたことを参考にして、適切な服装で内定者懇談会に行けるようにしていきましょう。
そうしてマナー良く過ごし、その内定者懇談会の時間を有意義な時間にしていってください。