内定辞退はいつまで許される?法的期限と裁判沙汰の有無 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

内定辞退はいつまで許される?法的期限と裁判沙汰の有無

内定辞退はいつまでなら許されるかご存知でしょうか?
法的な期限はあるのか?内定承諾書にサインしてしまったら辞退することは不可能なのか?様々な不安があると思います。
ここではそんな悩みを解消すべく、内定辞退はいつまでなら許されるのか?その期限の実態についてご紹介します。

内定辞退はいつまで許されるのか?

bullet-hole-894707_640
就職活動をしていると、早い人だと夏ごろには内々定をもらい、10月頃の内定式を経て正式に内定をもらうということになります。
しかし、第一志望から内定をもらったや様々な理由によりこの内定を辞退したい!と思うときもあるかもしれません。

●法的な期限はない!辞退するなら早急に!!

そんなとき内定辞退はいつまでにすればいいのか?とうい疑問が出てくることでしょうか、基本的に内定辞退は早ければ早いほどいいです。
そのため内定を辞退することが決定したときすぐに連絡するとよいでしょう。
法的にいつまで辞退を申し出なくてはいけないというものはなく、基本的にはいつでもできますが、新社会人としての意識があるのならば早め早めに連絡するといいでしょう。
内定辞退をずるずると引き延ばすと、余計に辞退しづらくなるだけです。

内定誓約書類にサインをした後でも辞退できる?

企業によっては内定者に、内定誓約書というものにサインを求めるところもあります。
これは一般的に、よほどの理由がない限り私は貴社に入社しますそいうような誓約書となっています。
この誓約書にサインをしてから内定辞退を申し出ることは可能なのでしょうか?

●誓約書に法的拘束力はない=内定辞退できる

答えは、内定辞退をすることができます。
この内定誓約書には法的な拘束力は一切なく、これにより内定辞退ができないということはありません。
内定誓約書は内定者を手放したくない企業のお守りのようなものです。
そもそも誰にでも職の選択の自由という権利があり、内定を辞退したり退職することを企業はとがめることができないのです。
そのため内定誓約書にサインをしてもいつまでに辞退を申し出ないといけないといった規制はありません。
いつまでも先延ばしにせず、すぐに辞退の連絡をしましょう。

内定辞退を先延ばしにすると裁判沙汰になるのか?

では、内定辞退をいつまでも先延ばしにしているとどういったことが起こるのか?
よく損害賠償を求められたなんて話を耳にしますが、そのようなことはほとんどないでしょう。
たしかに内定者には実質それまでの採用活動費用がかかってます。しかしそれは企業の経費内のものであり損害とはいえません。

●内定辞退を先延ばしにしても損害賠償は請求されない!

しかしそれでも因縁をつけてくることはあるのでは?と考えますが、企業がいち学生を相手どり損害賠償の訴訟を起こすなど企業へのマイナスイメージしかなくメリットはどこにもありません。
そのためどれだけ内定辞退が遅れたとしても、損害賠償を求められることはないので安心してください。
しかしいつまでも辞退を先延ばしにしていると、辞退の連絡をする際にかなり怒られることは間違いないでしょう。

内定辞退をする際は将来のためにも早急に連絡すべき!!

前項で内定辞退をいつまでも引き伸ばしたら?についてご紹介しましたが、もし新たな内定先が内定辞退をした企業と同業種な場合、企業の横のつながりがあるのであなたの評判が新たな内定先へ伝わる可能性も考えられます。
その場合、無責任な人間とレッテルを貼られ内定取り消しなんて辞退にもなりかねないので、いつまでも先延ばしにせず、内定辞退は早めに連絡したほうがいいでしょう。

いかがでしょうか?今回は内定辞退はいつまでにすればいいのかをご紹介しました。
内定辞退の連絡はたしかにしづらいとは思いますが、内定をくれた企業は少なからずあなたを評価したということになります。
その自分を評価してくれた企業に対し敬意を払うならば、いつまでも先延ばしにせず、内定辞退の連絡は早めにしましょう。