内定辞退をしたい時の4つの心得と恐怖体験談8つ【断り方の例文付き】 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

内定辞退をしたい時の4つの心得と恐怖体験談8つ【断り方の例文付き】

内定辞退は、どのような点に注意すると問題も起きずに受諾してもらえるのでしょうか。一歩間違えると、トラブルの元になりかねませんので、慎重に行う必要があります。ここでは、内定辞退する時の4つの基本と注意点をお教えします。今後の人間関係を良好にするためにも、内定辞退のポイントをしっかりと押さえて、失礼のないようにしましょう。

また、現役就活生が内定辞退時に経験した恐怖体験をご紹介しますので、こうならないように参考にしてください。

内定辞退のマナーを間違えると”かならず”後悔する

girl-948243_960_720

就活生は色んな事に悩むものです。特に友達が内定を決める中、自分だけ内定をもらえないと苦しく焦ってきますよね。

しかし、逆に嬉し悲しい悩みもあります。その1つが”内定辞退“です。複数の企業にエントリーし、いくつか内定をもらい、その中からベストだと思える企業を1社選ぶ。これが多くの学生がとる一般的な就職活動です。

しかし1社に絞ると言う事は他社の内定を蹴る必要があるということにもなります。自分が行く企業は決まっているので、”あとは断る連絡をするだけで終わり”なのですが、この内定辞退のマナーを間違えると後でとんでもない事になるケースが多々あるので、注意が必要です。

サイレント辞退は厳禁

内定辞退は必ずしなければなりません。あなたに内定を出すまでに、企業は時間もお金も労力も費やしているのです。そんな企業に対して、音信不通やばっくれ行為は、非常識であり失礼極まりないです。

ここは本来、時間を割いて、内定まで出してくれたことに対する敬意を示さなければなりません。そのため、誠意ある謝罪が必要です。

内定辞退は合法なので臆さずに

内定辞退は違法ではなく、合法です。そのため、怖がらずに意思を示していいものです。法令違反行為であるとでも言うように主張する企業もあるようですが、問題ないため安心してください。

また、民法でも解除が認められています。意思を固めたらすぐ申し出ましょう。

内定の断り方1,なるべく早く伝える

gahag-0028510246-1

アナタが内定辞退すればアナタの就職活動は終わりですが、企業の採用活動はそれで終わりではありません。
企業は「アナタの次の人」に内定通知を出さなければなりません。

ギリギリまで保留にしておいて「すみません、やっぱり内定辞退します」では企業にも、次の人にも迷惑がかかります。

内定辞退を出すべき3つの段階

内定辞退はできるだけ、早めに伝える必要があります。特に下記の3つの段階での提出がポイントとなるので、注意してください。

◆承諾書を出す前
◆内定式前
◆4月1日(入社日)の2週間前

契約解除が完全にできるのは、2週間経過した時です。入社してすぐやめた場合、最低2週間は、次の仕事に就けなくなる恐れがあるので注意しましょう。

【就活コラム】誠実な内定辞退の方法。終わり良ければ全てよし。

内定の断り方2,電話で伝える

chicago-690364_960_720

内定辞退をメールや手紙で、もしくはSNSでなどで伝える行為は絶対にやめてください。最近はなんでもメールやチャットで済ませる事が多くなっています。しかし、大事な事を伝える場面では、対面か電話が社会の基本です

そのため、人事担当者に直接口頭で伝えてください。担当者が不在の場合は、戻る時間を確認した上で、「連絡した事だけ本人に伝えて」、あらためて電話してください。

他の人への伝言はNG

また、他の人への伝言はNGです。これをしてしまうと、火に油を注ぐのと同じことになってしまい、トラブルへと発展してしまうかもしれません。

内定辞退を電話で伝えたあと、追加で手紙を送ることも良いとされています。一方で、二重に断られた印象を持つ担当者もいるようですので、注意が必要です。

内定辞退する際のお詫び状の書き方

内定の断り方3,正直に簡潔に伝える