内定辞退防止策について知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/02/19更新

内定辞退防止策について知っておくべきこと

内定辞退防止策について知っておくべきことご紹介します。
近年では就職難といわれていますが、一部の優秀な学生は複数の内定をとり、企業間の争奪戦が始まります。
そのため、ほしい学生を獲得することが企業にとって大きな課題となっています。
今回は、内定辞退防止のために人事が取り組んでいることを紹介します。

内定辞退防止策1,学生を囲い込む

sign-731314_640
企業は学生の内定辞退防止のために、学生の志望度をとにかく高めようとします。
まずは、魅力的な会社説明会、ホームページで学生の興味を引きます。
そして、採用の段階でも会社の雰囲気を知ってもらうとともに、面接での質疑応答等を通して学生の理解度を高めることで、企業は「ここではたらきたい」と学生に思わせるようにアプローチをしてきます。

~社員や他の内定者との懇親会を設けて横のつながりを深める~

そして内定後には、社員や他の内定者との懇親会の機会を設けるのです。
そうすることで、学生に理想とする先輩をみつけさせたり、他の内定者と一緒に働きたいと思わせることで、企業での志望度を高めます。
このように、いわゆる学生を口説くことが、内定辞退防止策としては最も一般的でしょう。

内定辞退防止策2,内定辞退をできない環境を作る

次に紹介する内定辞退防止策は、学生を内定辞退できないように追い込むことです。
企業はありとあらゆる手段を使って、学生を追いこんできます。
たとえば、最終面接でよくある話ですが、他社の内定を断ることを内定の条件にするのです。
そうすることで企業は学生から他の選択肢を奪います。

~学生ではなく親側を説得する企業も存在するので要注意!~

また、学生を脅す企業もあります。
よく内定を辞退したら、説教を一時間される、カレーをかけられる、などといったうわさが学生の間で広まりますが、このように学生を脅すことで内定辞退をしにくいようにします。
さらには、内定辞退防止のために内定者の親に手紙を書いたり、親向けの懇親会を開いたりなど、学生ではなく親側を説得する企業もあります。

内定辞退防止策3,内定者の拘束

最後に紹介するのは、内定者の拘束です。
企業は学生の内定辞退防止のために、学生が他の選考に参加できないように、内定者のプライベートを拘束します。
内定者セミナーや内定者アルバイト等の多くのイベントを開催することで、学生に他社に目がいかないようにするのです。
または、資格の勉強をさせたりなど、早々と学生に入社の準備をさせてしまう企業もあります。

~セミナーやイベントに参加させて学生の目が他社へ向かないようにする~

外資系企業になると、英語力の向上もかねて、学生に長期留学をさせてしまったりなど、学生の自由な時間を奪うことで、自社以外から内定を取得できない環境を作り出します。
いかに企業が内定辞退防止に多くの費用を費やしているのかがわかります。

内定辞退防止策に惑わされずに本当に入社したい会社へ入ること!

以上、内定辞退防止策について知っておくべきことについてご紹介してきました。
このように企業は内定辞退防止のために、さまざまな手段で学生にアプローチしてきます。そのため、学生にとっては内定辞退がとても悪いことに思えてしまいます。ですが、入社するのはあなた自身です。企業の内定辞退防止策に惑わされず、本当に入社したいと思える企業を見つけてください。

合わせて読みたい!!

居酒屋マナーが悪い会社は”人を大事にしない”内定辞退した方が良い理由とは??

【ブラックなんて辞めてやる!!】新卒の私が3カ月で会社を辞めた話【前編】

【上司のあり得ない発言とは!?】新卒の私が3カ月で会社を辞めた話【中編】

【ツライ日々もついに最終章。】新卒の私が3カ月で会社をやめた話【後編】