内定通知の文例について知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/09/20更新

内定通知の文例について知っておくべきこと

内定通知の文例について知っておくべきことを紹介します。
中々もらうことが出来ないからこそ、貰うと嬉しい内定通知ですが、内定通知の中でも抑えなければいけない文言が含まれていることがあります。
内定承諾の書類の返送が必要になる事も有るため、事前に文例や内容を知っておくのはプラスになると言えます。

内定通知の文例について1,記載されている情報

TSU87_shinseikatu-thumb-815xauto-18300

内定通知書に書いてある文例ですが、必ず記載されているのは内定者の名前と、会社の住所、会社の担当者名などです。
担当者の連絡先は別の紙に記載されている場合がありますが、このあたりの情報は基本的にセットとして扱われます。
企業名などの記載市は、内定通知の上部に印刷される場合、下部に印刷場合もありますがこれも企業によって異なります。

~内定承諾書を返信することで内々定者になる!~

肝心の書きだしですが、文例としては『採用内定の通知』『内定通知』等と、読んだだけでわかるような物が多くなっています。
その後に内定の内容を通知し、様々な確認事項が並ぶことになります。
内定の通知を受け取った場合は、内定の承諾書を送って承諾と言う形になりますが、企業によっては、承諾書を自作しなければならない場合もあります。
そのため、内容をきちんと把握することは重要と言えます。

内定通知の文例について2,最終確認

内定通知の文例ですが、高い頻度で使われるものが、『履歴書などの提出書類に虚偽の記載がない事を前提に(中略)採用することを内定します』等と提出書類や面接などで虚偽の申告や記載がなかったかどうか確認するものです。
これは虚偽の情報があれば内定を取り消すことがあると言う意味合いでもあります。また、文例に記載がないことであっても、飲酒運転など社会道義上重大な問題を起こせば内定が取り消される可能性はあります。

~内定取り消しになる条件などが記載されているで注意!~

また、『卒業を持って』『卒業を条件に』と途中に文言が追加される場合もあります。
大学を卒業しなくても就職できると思われるトラブルを防ぐため、内定通知に明記してしまう場合もあるのです。
同封された契約書などに記載されている可能性もあるので、必要であれば確認するのも方法です。

内定通知の文例について3,提出期限に注意!

内定通知の文例としては、多少の文言が変わっていても『採用を内定しましたので、通知します』等でで結ばれることが多く、前後に条件や付帯事項が追加される形になります。
内定通知文言の追加として多いのは、内定承諾書の提出期限や、採用日がいつからになるか、また、別途連絡があるかなど、具体的な日付や連絡方法などに触れられていることが多くなります。

~内定承諾書を自作する場合はネット上の文例を参考に作成しよう~

特に気を付けなければいけないのは、内定承諾書の提出期限で、遅れてすぐに内定が取り消される可能性は低くても印象は大幅に悪くなります。
期日が記載されている場合は厳守する必要があり、他の企業などの面接結果を待つためのタイムリミットになる可能性もあるため注意が必要です。
内定承諾書を自作する場合は、基本的に書かなければいけない文例を集めたサイトも有るため、そちらを参照してしまう桃方法です。

内定通知がきたら文例を参考に必ず承諾書を作成して企業に送ること!

内定通知の内容は基本的に内定を通知するための物のため、文例もあまり多くないのが特徴です。
しかし、内定を知らせる以外の注意事項や文言の追加は多く、契約書と合わせて確認する必要があります。
誓約書や内定承諾書を自作しなければいけないケースも有るため、期限を守って提出することも重要と言えます。