冬休みを利用してインターンシップに参加するメリット | 新卒就活.com

2016/08/04更新

冬休みを利用してインターンシップに参加するメリット

冬休みを利用してイターンシップに参加するメリットをご紹介します。
以前はインターンシップといえば夏に行うのが定番でしたが、就活時期の変動による影響もあり、最近では冬休みに開催する企業も増えてきています。
冬休み中、インターンシップも行くべきなのか?と迷う学生にはぜひ読んでもらいたいページです。

冬休み中開催するインターンシップの見つけ方

feet-1024986_960_720
夏のインターンシップほどではありませんが、どの業界においても幅広く開催されています。
企業側が冬休みにインターンシップをするメリットは、より多くの学生に自分の企業のことを知ってもらうことです。
就活が本格化する前に、最後の一押しとして力を入れている企業も中には見受けられます。
インターンシップを行っている企業を探す方法は簡単です。
就活支援サイトで検索したり、「冬休み インターンシップ」と検索したりすれば、すぐに出てきます。

●就支援サイトや学校の掲示板などで確認しよう!

また学校の掲示板や就活支援サイトを見ると、学校からしか応募できない企業が見つかることがあります。
特に地方の企業や公務員に多く見られる傾向です。
学校からの応募の場合、締切が他に比べて少し早いため、日頃からチェックしておく必要があります。
また、もし自分の気になる企業でインターンシップが行われるのか気になる場合、自分で電話して確認するのも良いでしょう。

冬休みと夏のインターンシップとの違い

冬休みのインターンシップにおいて最も大きな違いは、開催期間が長いことです。
夏の場合、8・9月の2ヶ月間という短い期間で、多くの企業が一斉に開催します。
それに比べて冬の場合、11月頃から2月頃といった長期間に渡って行われるため、自分の予定に合わせて参加しやすいのです。

また夏の場合、他の企業と日程が被ってしまい参加できない恐れがありますが、冬の場合はそういった心配が少なくなります。

●自分の予定に合わせて適切な選択が大事!

インターンシップと行っても、1日のみの就労体験もあれば、1~2週間かけて研修させてくれる企業まで様々です。
特に大学3年生の冬休みですから、新しいゼミに参加したり、研究を始めたりする人も多いと思います。
時間が目一杯取れるわけではないですから、自分の予定に合わせて適切な選択を心がけましょう。

冬休み中はインターンシップは参加するべき!

冬のインターンシップは参加するべきです。
たしかにインターンシップは採用に直結するわけではありません。しかし大事な就労体験の一つです。
就活を有利にすすめるだけでなく、自分がその企業に実際に入った時のイメージを掴んだり、社会人としてのマナーを身に付けたりと多くの利点があります。
冬休みの忙しい時期かもしれませんが、出来る限り積極的に参加するようにしましょう。

●周りの参加者から良い刺激を受けることができる!

インターンシップに参加することは、自分の意識を高めることにも繋がります。
夏休みの時はただ周りに合わせて参加していた人も、冬休みの時点ではある程度、希望の業界が定まってきている人も少なからずいるでしょう。
また自分以外の参加者も、夏に比べて就活意識の高い人が多いといえます。
周りも大学3年生であり、研究や勉強で忙しい中、限られた時間の中で来ています。そのため刺激を強く受ける場面は多いでしょう。
冬のインターンシップはより現実的に向き合うことが出来るいい機会です。

冬休み中のインターンシップに参加することで就職に対する意識を高めることができる!

今回は、冬休みのインターンシップについて簡単にご紹介しました。
記事を読んで、皆さんの参考になっていれば嬉しいです。
インターンシップは時間がとられるため面倒だと思うかもしれませんが、実際に参加すれば得られることがたくさんあります。
ぜひ参加されることをおすすめします。