冬期インターンと夏期インターンとの違いとは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

冬期インターンと夏期インターンとの違いとは

冬期インターンと夏期インターンとの違いについてご紹介します。
インターンシップに参加をすることは、企業を知ることが出来るだけでなく、自分の力を計り他の就活生との差を確認することも出来る場だと言えます。
しかし企業側にはインターンを開催する思惑というものがあり、特に冬期インターンではそれが非常に強く現れると言えます。

冬期インターンと夏期インターンの違いを知る意味とは?

snow-988262_640

就活生が参加をするインターンシップは大きく分けると、夏休みに開催する夏期インターンと、冬休みに開催する冬期インターンの二つがあると言えます。近年では春期インターンも増えていますが、特に夏季インターンと冬期インターンは非常に重要な意味合いがあるインターンシップだと言えます。

~インターンの参加する時期が内定に大きく関わってくる!~

そのため夏期インターンと冬期インターンの違いをしっかりと理解することが、就活で内定を貰うために必須となると言えます。また、夏期インターンと冬期インターンのどちらに参加をするほうがより内定に近づけるのかもわかってくるといえるでしょう。まずは夏期インターンと冬季インターンの2つのインターンシップの違いをしっかりと理解することから始めましょう。

冬期インターンと夏期インターンの特徴1,企業と学生の目的

まず夏期インターンの特徴ですが、これは冬期インターンとは違い就職活動本番までにまだ時間がある時期に開催されるインターンシップだと言えます。
ほとんどの場合、大学3年生の夏休みに参加をするのが夏期インターンとなりますので、その時点ではまだ就職先も決まっていないという学生が大半だと言えます。

●企業説明や企業のことをよく知ってもらうため意味合いが強い!

そのため企業側も夏期インターンは学生に企業のことを知ってもらうための場だと位置づけている場合が多く、開催されるインターンも企業説明などを盛り込んだ説明型のインターンが多いのが特徴だと言えます。
もちろん中には夏期インターンの時点で、優秀な人材確保を目的とした企業もあると言えますが、どちらか言えば企業説明や企業のことをよく知ってもらうためのインターンという意味合いが強いと言えます。
この点は冬期インターンにはない特徴だと言えますので、気軽に参加が出来るのも夏期インターンだといえるでしょう。
夏期インターンの場合、大学1年や2年でも参加可能なものもありますので、非常に参加の間口が広いのも特徴だと言えます。

冬期インターンと夏期インターンの特徴2,企業と学生の目的

一方の冬期インターンに関しては、就職活動直前のインターンシップということもあり、企業側も就活生側も夏期インターンと比べると明確な意思をもってインターンを開催、参加しているのが特徴だと言えます。
企業側は冬期インターンを優秀な人材確保の場だと考えているといえますし、就活生側もこのインターンで結果を残したいと考えているといえます。

●企業は人材確保・就活生は活躍してアピールしたい目的がある

そのため企業の人材確保という目的と、就活生の企業に対してアピールしたいという目的が一致するのが冬期インターンだといえ、そこには優秀な人材が揃いやすくレベルの高いインターンシップとなるといえます。
そのためインターン内定率も高いですし、内定が決まらないにしてもレベルの高い就活生とともにインターンに参加をすることで自分自身のレベルアップに繋げることが出来るのも冬期インターンの特徴だといえます。

冬期インターンと夏期インターンとの違いとは開催する企業側の目的と参加者の意識!

以上冬期インターンと夏期インターンとの違いについてご紹介しました。
冬期インターンへの参加は企業にアピールする絶好の機会だと言えますし、冬期インターンには夏期インターンではいなかったようなレベルの高い人材が多く集まると言えます。
そのため夏期インターンに参加して企業のことを知ることも重要ですが、冬期インターンに参加して企業へアピール、自分のレベルアップにつなげるということも非常に重要になるポイントだと言えます。