几帳面さを自己PRで確実に伝える方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

几帳面さを自己PRで確実に伝える方法

几帳面さを自己PRで魅力的に伝える方法をご紹介します。
就職活動を成功に導くためには、自分の強みを発見する必要があり、それが自己分析です。
その結果、得られた強みをアピールするのが自己PR。
今回は自己分析の結果、強みが几帳面であった方にはオススメです!

几帳面さを自己PRでアピールする方法1,長所と短所を知る

book-67049_960_720

では几帳面とは一体どういうものか見ていきましょう。
几帳面とは、細かなところまできちんと行い、決まりやルールに従って正確に物事を処理することですね。
表裏一体な短所として、「神経質」も挙げられるでしょうか。
ここまでで既に自己PRのストーリーのテンプレートはできてきました。
長所として、几帳面であり、決め事に従って正確にきっちりやり遂げた体験を、短所として、少々神経質や完璧主義の面もあることを言えばいいと思います。

●企業が求める人物像に適した強みをアピールする必要がある!

ただし、自己PRとは企業が求める人材像を把握し、自分の強みの中からその人材像に適した強みを選択して、採用するメリットがあることをアピールする、ということをするものだと考えてください。
どんな企業でも、同じような自己PRを行えば、求める人物像とミスマッチだと判断され、選考結果に響いてくることでしょう。

几帳面さを自己PRでアピールする方法2,社会人目線で考える

さて、採用側は几帳面な人物をどう捉えるでしょうか?一部のクリエイティブな業界を除けば、ほぼ悪い印象はありません。
几帳面である社会人は、チームの中でも重要なポジションを担うことが多いからです。
秩序を重んじるタイプであり、自分の役割を的確に把握し、ルールに従って責任をもって仕事をやり切ります。

●企業側が求める「几帳面」がどういった能力なのかを把握する

リーダータイプほどではありませんが、マネジメント力も期待され、特に部下の管理についてはキッチリ行うため、人望が厚いことが特徴です。
まさに企業側もこのような特性を求めています。そういった背景を理解することで、「家の掃除が完璧です!」であるとか、「友達と頻繁に連絡を取り合って、マメな性格と言われます!」といったちょっとずれた几帳面自己PRはしないですよね。
自分の強みを社会人のフィルターを通したらどのようなタイプと思われるか、ということを逆算して自己PRのストーリーを考える必要があります。

几帳面さを自己PRでアピールするのは不利ななのか?

さて、几帳面を自己PRの強みとすることは他の強みと比べて劣っていると思っている方もいるかもしれませんが、全くそんなことありません。
よく就職活動で学生の方から出る声に、「業界を変えたい」「イノベーションを起こしたい」というものがあります。
そんな方がアピールする強みは大体がリーダーシップやコミュニケーション能力。
こういった背景もあり、多くの学生はリーダーシップやコミュニケーション能力という強みを無理して使っている場合が多いです。

●企業側は将来の活躍へつながる「几帳面」な人材を求めている

ただ、よく考えてみましょう。業界を変えるような仕事やイノベーションを起こすような提案が新卒でいきなり入ってできるはずがありません。
本来仕事はルーチンワークや泥臭いもの。
こういった環境で活かせる強みが几帳面というものです。
下積みでコツコツと丁寧に業務を理解していくことで、将来的に改革する力や素晴らしいアイデアを生む力を養うのです。採用側はこういった人材を求めています。
よって、他の強みに比べて決して劣るわけではなく、むしろ自己PRをするうえでかなり有利な強みであると思います。

几帳面さを自己PRする際は企業側が求めている能力を知ることが重要

ここまで几帳面についてみてきましたが、自己PRにおいて必要なのは具体性です。
ただ単純に几帳面をアピールしても採用側には響かないでしょう。
効果的にアピールするためには、几帳面というベースがあってこそ発揮できた、スケジュール管理能力や計画実行力等を具体的なエピソードを交えアピールしていきましょう。皆様のご健闘に期待します。