効果的な面接の練習方法3選 | 新卒就活.com

2016/09/06更新

効果的な面接の練習方法3選

効果的な面接の練習方法3選についてご紹介します。
面接本番にむけて、事前に練習を重ねておくことはとても重要です。
ですが意味のない練習をしても本番に活かせません。
あくまで、本番で活かすことができる効果的な練習方法を実践しなければなりません。

面接の練習を学校で行う方法

megaphone-50092_640
就職活動に付き物の面接ですが、この面接が苦手だと言う人は多いと言えるでしょう。
普段は問題なく自分の意見を言えるのに、面接になると途端に緊張してしまう人も多いはずですから、面接の対策としては事前に練習して本番でも緊張しないように慣れておくことが重要になります。

~先生や友人に頼んで模擬面接を行うのが最も効果的な練習方法~

練習方法としては、学校の先生や知人に頼んで模擬面接を繰り返し行う方法が最も効果的な練習方法だと言えます。
模擬面接を行った場合、様々な傾向と対策が可能になりますし、面接という雰囲気に慣れるためにはとても効果的な方法だと言えます。
模擬面接で練習する場合、出来るだけ顔見知りではない人にお願いするほうが、緊張感を持って面接の練習が行なえます。
練習といっても本番の面接のつもりで行うことが重要だといえます。

面接の練習を一人で行う方法

面接の練習方法で模擬面接が効果的な練習方法だといいましたが、模擬面接にはどうしても人数が必要なため、毎日模擬面接の練習を行えるわけではありません。
そのため模擬面接が出来ない場合には一人で面接の練習を行うことも必要になってきます。
それは、一人で面接の練習を行う場合、鏡の前で自分の表情を確認しながら行う方法が効果的な練習方法となります。

~面接時の表情をコントロールすることが可能!~

面接の際、自分がどんな表情で面接官と対峙しているかは、自分自身では見ることが出来ません。
ですから、事前に一人で表情を確認しておくことで面接時に不安な顔をしていないか、言葉と表情が合っているかどうかといった確認が可能になります。
面接官は面接時に必ず表情も確認していますから、一人で練習することで表情をコントロールできるようになります。

面接で自分の言葉をはっきり伝えるための練習法

面接では表情や態度だけでなく、言葉をはっきり伝えることも重要なポイントとなってきます。
そのため自分の発している言葉が面接官にきちんと伝わっているか、滑舌は悪くないかを事前に確かめておく必要があります。
練習方法としては、知人や友人に質問をしてもらい、決めておいた答えを確実に相手に伝えられているかを聞いてもらう方法が効果的な練習方法となります。

~客観的な視点から自分の話し方を見てもらうのが効果的!~

面接時に緊張してしまうと、言葉がはっきり出ないといった状況にもなります。
つまり言いたいことを頭に入れておいたのに、全く伝えられなかったということも起きる可能性があるわけです。
そのため事前に滑舌のチェックや言葉の発生練習、緊張してもはっきり喋る練習をしておくことで、本番の面接でも練習の効果が発揮できるようになります。

面接の練習はこなした数だけ自信になる!発声・反復練習や模擬面接を繰り返すことが重要

面接の練習方法は色々ありますが、どの練習方法でもやった数だけ自分の自信に繋がって行きます。
やらなければ退化もしませんが進歩もしませんから、練習は非常に重要だと言えます。

ぶっつけ本番で面接に挑んだほうが自分らしさを出せるという人も中に入るかもしれませんが、ほとんどの場合、本番では実力の半分も出せないでしょう。そのため反復練習で発生練習をしたり、模擬面接で面接の流れを掴むと言った練習方法こそが、本番で失敗しないための唯一の方法だと言えます。
千里の道も一歩からということわざがあるように、何事も最初の一歩を踏み出すことが重要です。
時間の許す限り面接の練習を行うことで、自信を付け面接に挑むことが出来るのではないでしょうか。