印象を良くする面接の受け方について | 新卒就活.com

2016/09/14更新

印象を良くする面接の受け方について

印象を良くする面接の受け方のポイントについてご紹介します。
面接は自分をアピールする絶好の機会ですが、その受け方には注意が必要です。
では、面接で好印象を与えることができる受け方をみていきましょう。

面接の受け方1,逐一相づちを打つ

印象を良くする面接の受け方のポイントとしてまず最初に紹介するのは、逐一相づちを打つようにするということです。
面接とはコミュニケーション能力を見るためのものです。
こちらからも逐一相づちを打たないと、面接はただのインタビューになってしまい、特別よい印象はのこらないでしょう。

~面接はコミュニケーション!相槌で場を盛り上げよう~

面接はインタビューではなくコミュニケーションということを意識して、相手が何かをしゃべっている間に「ハイ」とか「そうですね」とか相づちを入れるようにしていくようにしてください。
こういう面接の受け方をしていると自然と面接も盛り上がっていき、こちらの緊張も解けていくという副産物もあります。

面接の受け方2,身振り手振りを交える

身振り手振りを交えて話をするようにするというのも、印象の良くなる面接の受け方として言えることです。
身振り手振りを交えて話すと、それだけで熱心で一生懸命に何かをつたえようとしていることが伝わります。
そういう姿勢は面接ではすごく好印象にうつるものなのです。

~日常会話にジェスチャーを交える癖をつけること!~

別段面接はじっとして受けなければならないみたいなマナーもルールもないですから、積極的に身体全体で表現していきましょう。
この身振り手振りを交えるという面接の受け方をするためには、特に普段から意識して身振り手振りを練習したり日常生活の中に盛り込んだりしないとなりません。
そうしないとなかなか自然にできるようにならないので、練習してみてください。

面接の受け方3,意識的にゆっくり話す

面接の印象を左右するのは相づちやボディランゲージだけではありません。
印象を良くする面接の受け方としては、実は話のスピードというのも大切になるのです。人は緊張すると早口になるものですが、早くしゃべると聞く方にはあまり話が入ってこなくなり話が弱くなってしまいます。

~早口はNG!話のスピードを調節すること~

さらに早口でしゃべる人物というのは、どことなくコミュニケーション能力が不足しているように見えるものです。
ですからそうならないようになるべくゆっくりしゃべるようにするというのが、印象を良くする面接の受け方として言えることとなるのです。
ゆっくりしゃべると落ち着いていてスマートな印象を与えることもできるのです。

面接の受け方で重なのは相槌・ジェスチャー・話すスピード!

印象を良くする面接の受け方としては、以上になります。
こうしたちょっとした受け方ひとつで面接での印象は雲泥の差になります。
面接では印象こそが勝敗を分かつ重要なものと言っても過言ではないので、これらのことが非常に大きなポイントとなると言えます。

どれも身に着けるのは簡単そうで実に難しいことでもあるので、実際の面接で試しながら徐々に身に着けていくとよいでしょう。
本命を受けるまえにいくつかの面接でこれらの面接の受け方を実践して、自然にできるようになるころに本命の面接を受けるというのが一番のおすすめです。そうしていけば第一志望への入社も夢ではなくなるでしょう。