受かる履歴書の書き方のポイントについて | 新卒就活.com

2015/10/30更新

受かる履歴書の書き方のポイントについて

受かる履歴書の書き方のポイントについて紹介します。
企業に提出する履歴書は、採用選考における重要な書類だと言えます。
そのため履歴書の善し悪しで印象を悪くも良くもしてしまいますので、受かる履歴書の書き方のポイントを抑えた企業に好印象となる履歴書の作成が不可欠となります。

受かる履歴書の書き方ポイント1,癖字に注意!

writing-923882_640
受かる履歴書の書き方で重要なのは、まず全体の内容よりも見た目が綺麗に整って書かれているかということです。そんなこと当たり前ではと誰もが思うといえますが、実際にはそれが出来ていない履歴書が非常に多いと言えます。
人にはどうしても文字の癖と言うものがあり、気を付けているつもりでも何時の間にか癖字で履歴書を記載していると言う場合があります。
そうなるとそれは受かる履歴書の書き方とは到底呼べなくなりますので、基本に忠実な読みやすい文字、大きさの整った文字を意識して書く必要があると言えます。

●読み手のことを考えたみやすい文字を意識すること!

それと同時に注意すべきは誤字脱字ということで、これも気を付けているつもりでも意外と多いミスだと言えます。
西暦と和暦が混在しているのもダメな書き方です。
受かる履歴書の書き方で重要なのは、読み手のことを考えたみやすい文字ですので、まずはそこに注意して履歴書を書くようにしましょう。

受かる履歴書の書き方ポイント2,明確な志望動機

受かる履歴書の書き方で重要と言えるのが、志望動機などの内容です。
これは企業が履歴書を提出してきた人がどのような動機で企業を選択したのかを知るためにとても重要なポイントと言えますし、その内容がしっかりとしたものであれば、それだけで好印象となる部分だと言えます。

●曖昧な内容は不信感を抱かせる!志望する根拠を明確に

しかし志望動機が曖昧な内容のものであれば、企業を選んだ理由がはっきりしてこないため、本気で就職する気があるのかと勘繰られてしまう可能性もあります。
そのため自分の気持ちをはっきりと企業に伝えることが重要で、その内容は難しいものでなくても良いですから、なぜその企業を選んだのかが伝わる理由を記載する必要が受かる履歴書の書き方には必要であると言えます。

受かる履歴書の書き方ポイント3,自己PRは一つに絞り込む

受かる履歴書の書き方で重要なポイントに、自己PRというものもあります。
自己PRは自分のアピールできる部分を履歴書に記載して企業にPRするというものですから、何が自分のアピールできるものなのかをはっきりとさせる必要があります。

●アピールポイントを箇条書きで並べるのはNG!1つに絞って特化した内容を書こう

よくたくさんアピールしたいからと色々とアピールできることを箇条書きにする人がいますが、これはむしろ逆効果で受かる履歴書の書き方にはならない書き方だとえます。
なぜなら、アピールしたいことをたくさん箇条書きにした場合、その中で最もアピールしたいことがどれか分からないからです。
全てのアピールが寝惚けた印象になってしまいます。
そのため受かる履歴書の書き方にするためには、一つのアピールできるものに絞り込んで、それに特化した内容で書くことが受かる履歴書の書き方となります。

受かる履歴書の書き方は読みやすい字・根拠のある志望動機・1つに絞った自己PR

以上受かる履歴書の書き方ポイントについてご紹介していきました。
受かる履歴書の書き方は特別なものではなく、読みやすい文字できちんとした志望動機を書き、自己PRもこれぞというものに絞り書くということになります。
これは履歴書を書く際の基本ですので、奇をてらった内容よりも、基本に忠実なものこそが受かる履歴書の書き方であるといえるでしょう。