受かる履歴書の書き方3ポイント | 新卒就活.com

2016/09/09更新

受かる履歴書の書き方3ポイント

受かる履歴書の書き方を3ポイントまとめました。
どうすれば選考通過する履歴書を書くことができるのでしょうか。受かる履歴書を作成する上でのポイントをまとめました。
今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、ぜひ、受かる履歴書の書き方については押さえておきましょう。

受かる履歴書とは?

colored-pencils-179167_1280

夏にむけて就職活動が本格的になっていく中、履歴書の作成を既に始めている就活生も多いのではないでしょうか?
しかしどうやって書けばいいのか分からず悩んでいる人も多いと思います。
受かる履歴書とはいったいどういうものなのか?
今回はそれをご紹介したいと思います。

~自分が企業で働くところを具体的にイメージさせるもの~

まず受かる履歴書とは、志望動機や自己PRで上手くアピールをして採用担当により具体的に自分が企業で働くところをイメージさせるものとなります。
そのため志望動機や自己PRでは企業の事業内容に触れつつ、自分がいかに企業に貢献できるかをアピールするんのが鍵となるのです。

受かる履歴書の志望動機の書き方とは

受かる履歴書の志望動機の書き方は、まず企業の企業内容や経営理念で共感できるものを探します。
そしてその共感できる部分を自分の過去の経験とつなげます。
自分の長所を軽くアピールして企業にどう貢献するかを書くのです。

~企業にどう貢献できるかを記載!熱意で押し切ろうとするのはNG!!~

そうすることにより採用担当はあなたが企業で働くことをイメージしやすくなります。
志望動機を書く上で決してしてはいけないのが、企業の経営理念に共感した!や感動した!という熱意で押し切ることです。
具体的な内容がなければ、中身のない志望動機とみなされ落ちることは確実です。

受かる履歴書の自己PRとは

続いては受かる履歴書の自己PRです。自己PRの基本は、まず自分の強みを端的に述べることです。
例えば継続力があるや努力を惜しまないというようなものが好まれる傾向にあります。
そして次にその強みを発揮した場面を述べます。
アルバイトや部活などなんでもかまいません。そのとき具体的に取り組んだことや、工夫したことを述べます。
最後にその強みが企業のどういった事業に活かせるのかを述べます。

~強みを活かしてどのように貢献できるのかを話すこと~

決してしてはいけないのが「私の強みは〜です」という話だけで終わらせないこと。
採用担当はただあなたの強みが知りたいのではなく、それがいかに企業に貢献できるのかが見たいのです。

受かる履歴書のポイントは嘘をつかないこと!誇張はする

志望動機や自己PRで過去の体験を書くときは、決して嘘を書かないようにしましょう。
ひとつ嘘をつくとそれを補うためさらに嘘をつかなくてはなりません。

~社会人にとって上手く誇張をするのは必要とされる能力~

しかし誇張をするのは構いません。むしろ社会人にとって上手く誇張をするのは必要とされる能力のひとつです。
自分の過去の体験は嘘をつかず、多少誇張をするくらいがベストです。

受かる履歴書のポイントとは企業への貢献度をアピールすること!!嘘は書かない

今回は受かる履歴書の書き方についてご紹介しました。
冒頭でも述べたように受かる履歴書とは、採用担当にいかに企業で働いている姿を想像させるかとなります。
嘘はかかずに、少しばかり誇張するのが受かる履歴書を書くポイントなのです。
今回ご紹介したポイントをおさえて、書類選考を突破しましょう!