合同説明会における面接の重要性とは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

合同説明会における面接の重要性とは

合同説明会における面接の重要性についてご紹介します。
就職活動を行なう場合に参加することがある合同説明会ですが、この合同説明会の場でも面接が行なわれる場合が多いといえます。
果たして合同説明会での面接はどのようなものなのか、その面接には重要な意味があるのかを考えて見ましょう。

合同説明会での面接は重要なのか?

PAKS_bigsite1firiguchi-thumb-1000xauto-15455
合同説明会とは単独で行なわれる企業説明会とは違い、複数の企業が一箇所にあっまって合同で説明会を行なうため、短時間で多くの企業を回ることが出来企業の説明を聞くことができるため非常に便利な説明会だといえます。
その説明会で面接が行なわれるのは極当たり前だといえ、企業のブースを訪れて説明を聞いた後に面接が行なわれる場合が多いといえます。

~合同説明での面接は重要!軽視するのは大きな間違え!~

この面接は直接内定に直結するものではないため、あまり重要視されていないと思われがちです。
ですが実際には決してそんなことは無く重要な意味がある面接だといえます。
そもそも無駄な面接を企業が時間を割いて行なうわけがないため、もし合同説明会での面接を軽視しているのであればそれは大きな間違いだといえます。

合同説明会における面接の内容とは?

合同説明会で行なわれる面接は、基本的には参加した就活生と企業との情報交換といった意味合いが強い面接だといえます。
参加した就活生もその時点で企業を絞って合同説明会に参加しているわけではないはずですので、企業の話を聞き就職先を絞り込むという意味合いが合同説明会は強いといえます。
しかし面接があるということは企業側は参加者をきちんと見ているということになりますし、企業と就活生の情報交換程度の面接内容だといっても、その面接での印象がその後の就活に大きな影響を与えることもあります。

~参加した就活生と企業との情報交換の意味合いが強い!~

合同説明会での面接で企業に対し好印象を与えることが出来た場合、企業側からアプローチしてくることも少なくないですし、それによってその企業の採用試験を受けることになり結果採用が決まるということも少なくないといえます。
企業側は合同説明会の段階でより良い人材を確保するために面接を行なっているといえますので、企業側の意図を見抜きアプローチすることは重要だといえます。

合同説明会での面接でアプローチする方法とは?

合同説明会の面接は一人に与えられた時間が非常に短いため、本番の面接のようにある程度時間があり、いいたい事をどんどんアプローチする時間はないといえます。
そのため合同説明会での面接では、自分のPRしたいことを簡潔でしかも分かり易く企業へ伝えることが重要となります。
合同説明会での面接は簡単に言えば合同お見合いパーティのようなものですので、いかにして企業に気に入ってもらえるか、企業の記憶に残ることができるかが合同説明会に参加したことが成功なのか失敗なのかを決めることになります。

~自己PRを簡潔にまとめておく必要がある!~

お見合いでもお互いのことを知ることは重要なように、合同説明会でも企業との面接で自分ことを知ってもらうことは重要なことです。
合同説明会に参加する前にまず自分自身のアピールポイントやどういった能力があるのか、資格は保有しているのかなどを整理して、それを企業に説明できるようにしておくと面接がスムーズに行なえるでしょう。

合同説明会における面接は今後の選考に大きく影響する!自己PRを簡潔にまとめておこう

合同説明会の面接を軽視していると、その後の就活で思わぬ失敗を招くことにも繋がります。
確かに内定に直結する可能性は極めて低いですが、好印象を残しておけば企業側からアプローチが来る可能性もあり得ます。
そのため合同説明会の面接にも真摯に向かい合い、企業に対して失礼の無い態度で臨むことが重要だといえます。
その時点で自分を効果的にアピールできれば、企業への印象も良くなりますので合同説明会といえども面接は重要だと考えるようにしましょう。”