合同説明会のブースを効率的にまわるコツ | 新卒就活.com

2015/10/30更新

合同説明会のブースを効率的にまわるコツ

合同説明会のブースを効率的にまわるコツについて紹介します。
合同説明会は多くの企業が集まり、様々な情報を得られる貴重な場です。
なるべく多くの企業ブースをまわりたいと思っても、慣れないうちは思うように回れないケースは良くあるものです。
効率よくまわるためにも、最初の心構えが肝心です。

合同説明会のブースを効率的にまわるコツ1,雰囲気を見て回る

PAKS_bigsite1firiguchi-thumb-1000xauto-15455
一番最初に確認したいのが、自分にとって合同説明会がどんな場所かと言うことです。
多くの企業が集まり、資料を貰え、話が出来る場であると言うのはその通りです。
しかし、第一志望などが明確に決まっている場合は滑り止めなどの意味などで受かりやすい企業を探すことや、まずは勝手を掴むために参加する人も多いはずです。

●実際に説明会の場に行って違うと思ったら参加しないのも手!

せっかくの機会だからと参加してしまうと、興味のないままで時間だけが過ぎ、他のブースに参加できない可能性が高くなります。
合同説明会なのですから、可能な限り他の企業も見て回り、企業の人気やブースの飾りつけといった雰囲気で見て回るのも方法なのです。

合同説明会のブースを効率的にまわるコツ2,最後まで残って可能な限り質問を

合同説明会に参加し、実際にブースに入ってお話を聞いていて興味が持てる企業であれば、最後まで残って可能な限り質問などをしましょう。
インターネットの情報交換が盛んな世の中なので、よほどマイナーな企業でなければ名前で検索をすることで多くの情報を得られます。
実際に働いている人の声や意見こそ貴重なのです。
ブースに入って全く興味がわかない、面白くないと思った場合は、途中で退席しても良いのです。
その際は、他の参加者に迷惑を掛けないように目立たず静かに退席します。

●実際に働いている人の声や意見こそ貴重!

もちろん自分のわがままを通すだけなら、企業に所属する必要もなく、雇ってくれる企業も無くなってしまう可能性もあります。
しかし、あくまで合同説明会は多くの企業を知るために設けられた場であり、一つの企業と向き合うかどうかはあなた次第なのです。

合同説明会のブースを効率的にまわるコツ3,収穫がなかったら原因を分析する

合同説明会で数々のブースをまわって、収穫がないと言う場合もあり得ます。
その時に気を付けたいのは、なぜ収穫が無かったか深く分析することです。
合同説明会に自分の好みや条件に合う企業が全くなかった可能性もあります。
しかし、気を付けなければいけないのは自分が興味を持つためのハードルを高く上げすぎていないかです。
自分の中のハードルは無意識に上げがちなものですし、実際に向き合うにもエネルギーが必要なものです。ハードルが高い事がわかれば、それを上回りそうな企業に絞って探す、もっとマイナーな企業を探す等の方法があります。

●興味が持てるブースがないのは自分の意識が原因の場合も!

興味を持てない企業に勤めても、惰性になってしまい長続きしないかのせいが高くなります。
志望動機に繋げるためにも、まずは物事に積極的に興味を持てる自分の意識こそが重要な場合があるのです。

合同説明会のブースを効率的にまわるためには不要な拘りを捨てること!

まずは合同説明会に参加して、場数を踏むと言う方法論もあります。
しかし、回数ばかり増えても、経験や学習と言った成果につなげなければ無駄な努力となりかねないのが現実です。
無駄な努力にしないためにも、何が駄目だったのかを分析し、次に活かすこと、不要なこだわりは捨てること、魅力のあるブースがあったら逃さず最後まで話を聞くことが重要なのです。