自己PR欄に書く特技を魅力的にする方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PR欄に書く特技を魅力的にする方法

自己PRとして、履歴書などに特技を記載する項目があります。
アピールポイントとして活用するには、採用担当者の目に留まるような書き方をしなければなりませんが、あまり目立つような趣味や特技を持っていない人はどうすればよいでしょうか。
また、趣味や特技欄の目的とは何でしょうか。以下で見ていきましょう。

自己PRで特技をアピールする方法1,取り組み具合を証明する

silhouette-712399_960_720

履歴書の自己PR欄に趣味や特技を書かせる目的の一つには、これまでの行なってきたことやその成果に対して、どれだけ意識を集中させて取り組んだのか、というところを図るために行われています。
つまり、ここがアピールすべきポイントとなります。

●実績を伴った特技を記載すると効果的!

そのため、ただ自己PR欄に趣味や特技を列挙するだけではなく、趣味が講じてこんなことができるようになったであるとか、こんな特技にこれだけの実績があるといった説明があると、他人とは違う自己PRとなるわけです。
逆に言えば、ただなんとなく行なっているような趣味や特技では、話に突っ込まれたときに、切り返せなくなってしまうのです。

自己PRで特技をアピールする方法2,仕事への活かし方を述べる

履歴書の自己PR欄の趣味や特技に自分の好きなことや行なってきたことを書くのはかまわないのですが、企業の採用担当者はそうした趣味や特技が、今後任せる仕事にどれだけ役に立つのかどうかも見ています。
そのため、仕事に何らかの形で影響を与えること、関係することというところも意識して自己PRすると、採用担当者にも効果的に自分の能力を訴えることができます。

●応募先の企業研究を徹底的に行う必要がる!

こうした意識づけは何も、自己PR欄や趣味・特技だけに限りません。
つまり、学歴や資格取得欄、質問事項欄などの記載においても、常に応募先企業の業務や職務をよく考えることが重要となります。
アピールポイントを履歴書の随所に散りばめることが大事なのです。

自己PRで特技をアピールする方法3,面接を見据えた内容にする

履歴書の自己PR欄の趣味や特技は、履歴書の中ではあまり重要視していない就活生もいるようですが、実際はそんなことはありません。
採用担当者は次のステップである面接を見据えてこうした自己PR欄を見ており、応募者とどんな会話になるのかを見極めながら採用しています。

●面接官は雑談から就活生の人柄を見極めようとしている!

つまり、こうした趣味や特技欄は面接の会話のきっかけとなる項目のため、かなり重要なのです。
採用担当者も志望動機など、おさえなくてはならない質問はもちろんしっかりと聞いてきますが、趣味や特技といった雑談を通すことで、その応募者の人柄もよく見ようとします。
履歴書は細かいところも手を抜かず、しっかりと自分の強みをアピールするようにしましょう。

自己PRで特技をアピールする際は応募先の業務内容に関連づけさせた内容が吉!

このように、履歴書の自己PR欄の趣味や特技は、その後の面接においても重要であり、それらの行動が仕事にどのように結びついているのか、そしてその趣味や特技を通してその人物がどのような人なのかも採用担当者は見ています。
すべてがアピールポイントとして活かされるよう頑張ってください。