国別で見る!留学生の就活スケジュールとは | 新卒就活.com

2016/09/06更新

国別で見る!留学生の就活スケジュールとは

国別で見る留学生の就活スケジュールについてご紹介します。
これから日本から海外へ留学する学生の方もいらっしゃるかと思います。
また、留学を考えているけれど就活が不安…という方もいらっしゃるのでは?
海外への留学を希望する学生さんは必見のページです!

アメリカ・イギリスの留学生スケジュール

hands-600497_640
日本からの留学生が最も多いアメリカやイギリスの就活スケジュールですが、まず選択している科目や学部卒か院卒かによって卒業月が異なります。

アメリカでは卒業時期が6月と12月に別れ、イギリスでは学部卒が7月、院卒が9月となっています。
そのため留学生はそれぞれの卒業日に合わせて就活スケジュールを組む必要があるでしょう。
アメリカやイギリスのように就活のために一時帰国なんていうことはなかなか簡単にできることではないので。

~卒業する前までには自己分析などを済ませておくのがベスト!~

早い段階から自己分析を始め、自分の就活の方向性を決めることが大切です。
卒業前年の12月には自己分析が済んでいる状態がベストです。

中国・台湾の留学生スケジュール

中国や台湾の留学生の卒業時期はイギリスと同じ7月であり、やはりこれも早い段階から自己分析を始める必要があります。
日本では2016年卒以降の選考スタート時期が4月から8月への変更となったため、海外留学生の就活スケジュールに余裕が出ました。

~一時帰国して就職活動をするのも有効な手段~

4月からは企業説明会や合同説明会がスタートしますが、もし企業説明会に参加しないとエントリーできない企業があったとしても中国や台湾の留学生であれば一時帰国をできる距離となっているので、就活においては他の国の留学生よりも有利といえるかもしれません。
そのため日本の就活生のスケジュールに合わせてしっかりと企業研究を行っておきましょう。

オーストラリアの就活生スケジュール

オートらリアの留学生は12月1月に夏休みがあるため一時帰国する人が多いでしょう。
久々の日本で浮かれるのも分かりますが、就活のことを考えるのならばすでに行動を起こすことをすすめします。

~12月1月のウィンターインターシップに積極的参加しよう!~

日本では就活時期が大幅に後ろ倒しになったことにより、企業は12月1月のウィンターインターシップに積極的な姿勢を見せています。
そのためオーストラリアの留学生はこの時期を狙ってインターンシップに参加すると、社会経験が積める上に就活を有利に進めることができます。
7月卒業の人も12月卒業の人もインターンシップに参加しておくメリットは大いにあるでしょう。

2016年卒以降留学生は就活に有利!一般選考と留学生選考に応募できる!!

もともと日本の企業は留学生向けの採用期間というものを設けており、10月に留学生の選考をスタートしていました。
しかし2016年卒以降の選考スタート時期が4月から8月に、実質留学生も一般の選考に参加できるという就活スケジュールとなったのです。
そのため留学生は一般選考と留学生選考を受けることができ、就活のチャンスが2倍となりました。
しかしいくら一般選考と留学生選考に応募できるといってもやはり事前の自己分析とっ企業研究をしっかりと行っていないと選考に通ることはできないので、就活準備を入念に進めていきましょう。