国語が苦手な人に効果的な3つのSPI対策 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

国語が苦手な人に効果的な3つのSPI対策

SPIには国語と数学の問題、言語問題と非言語がありますので、どちらかが苦手だという人はとても苦戦することとなってしまうでしょう。
ですが、苦手であろうと就活生にとってSPIは避けてはとおれない関門です。
そこでここでは、特に言語分野である国語が苦手な人のためのSPIの対策方法を紹介していきます。

国語が苦手な人へのSPI対策法1,新聞を読む

kindle-381242_960_720
国語が苦手な人の為のSPIへの対策方法としてまずおすすめなのが、新聞を読んで語彙を増やすということです。
SPIの言語問題では、語彙さえ増やしておけば答えられる問題がとても多いです。
ですから、新聞を読んで知らない単語を覚えたりしていって語彙を増やしていけば、苦手な国語で点数を稼げるようになる可能性も高くなります。

●語彙力+速読力を養える!!

新聞を読むというのは、ビジネスでよく使われるような熟語の語彙を増やせるということだけが利点なのではありません。
そうすることにより、文章を読むのが早くなるという利点もあるのです。
SPIの言語問題では長文問題がありますから、文章を読むのが早くなるというのはとても良い効果を生むでしょう。
そういうこともあるので、新聞を読むというのは国語が苦手な人にとってとても良い対策方法と言えます。

国語が苦手な人へのSPI対策法2,玉手箱を利用する

玉手箱の言語問題の対策をしてみるというのも、国語が苦手な人の為の1つのSPIの言語問題の対策方法と言えます。
SPIの対策をしないとならないのになぜ玉手箱?と疑問に思う方も多いでしょうが、玉手箱の言語問題というには、全てが長文問題なのです。
ですから、玉手箱を解いていくことで、自然と長文問題に強くなれるのです。

●長文さえクリアすれば苦手な国語を克服できる!

国語が苦手だという方が特に苦手に思うのが長文問題なのではないでしょうか。
SPIに関しては他の部分は暗記したりしていけば解ける問題ばかりですから、別段苦手に思う必要もありません。
ですから、ここさえ克服すれば国語を苦手に思う方も、SPIの国語に関しては、苦手と思うこともなくなっていくでしょう。

国語が苦手な人へのSPI対策法3,色々な種類の本を読む

色々な種類の本を読むというのはとても大切なことです。
色々な種類の本を読むことで、苦手なジャンルの長文というのもなくなりますし、他のジャンルでは見なかったような熟語を覚えることができるようになり、より的確にSPIの国語の問題に対策していくことができるようになるでしょう。なるべく短い本を選んで、量を読むようにすると良いでしょう。

●特に社会系の本は要注意!様々な文章に触れて長文に慣れること

特に社会系の本は、SPIの言語問題で良く目にするような文体で書かれていることが多いので、しっかりおさえておくと良いでしょう。
小説を読んだり新聞や玉手箱で文章を目にしたりするのとはまた違った文章にも慣れることができます。
SPIの国語対策として、移動時間などにそういう本を色々とどんどん読み込んでいってください。

国語が苦手な人がSPIを突破するには新聞や玉手箱の対策をして長文に慣れる必要がある!

以上、国語が苦手な人の為のSPIへの対策方法のご紹介でした。
国語が苦手な方でもこうして対策していけば、しっかりと国語の力がついていき、SPIの言語問題をクリアできるようになっていくでしょう。
地道に頑張るしかないので、ぜひこうして地道に力をつけていってください。