圧迫面接が行われる意図と正しい対応方法 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

圧迫面接が行われる意図と正しい対応方法

圧迫面接をしてくる企業も中には存在します。圧迫面接にあたってしまったらどうしよう…と不安に感じてはいませんか?しかし、企業はわざと学生が困るような質問をしたり態度をとったりしているわけです。その意図さえ把握しておけばいざというときに正しい対応ができるので、みていきましょう。

tie-690084_1280

そもそも圧迫面接とはどういう手法なのか?

就職活動の最後の難関として、面接が待っています。そのなかには、面接官から不快で嫌な内容の質問などをされるケースがあり、それを「圧迫面接」と言います。

威圧的な態度や意地悪な質問をする手法

圧迫面接とは、面接官が受験者に対して威圧的な態度や意地悪な質問をすることです。それにどう対応するのかを見て、受験者を採用するかどうかの評価をします。この手法は、受験者がどんな環境におかれても冷静に対応できるかどうかを実際に試す方法です。

面接官からの不快な質問に対して、下記のように適切な対応がとれない場合は採用が難しくなります。
■感情的になったり、反論したりする人⇒耐性がなく攻撃的な人だと判断される
■状況に適応できずにパニックになったりだまりこんでしまう⇒状況適応能力がないと見なされる

企業が圧迫面接を行う意図を把握しよう

圧迫面接は、主に営業職など対人スキルが求められる職種に多く見られる手法です。企業側が圧迫面接を行う意図は主に二つあるので、それぞれ確認しておきましょう。

【1】トラブル時に冷静な対応ができるか判断をする

仕事でクレームやトラブルがあった時に、感情的になったり業務を処理する思考が働かなくなるなどのリスクを防ぐために、あえて面接という状況で強いストレスを与え、冷静な対応ができるかどうかを試す効果があります。

【2】精神的に弱くないかストレス耐性のチェック

また、どれだけ学力が優秀な学生でも、精神的に弱くてすぐに無気力になるようでは、会社を辞めたりうつになったりする原因にもなります。つまり、圧迫面接をしてストレスに対して適応できるかどうかを確認する、というわけです。

自分を試すための手法だと心得ておく!

前もってそのような手法の面接があると理解しておく事が大切です。どれだけ高圧的で不愉快になるような事を言われても、それは自分を試すための手法だという理解があれば、感情的になったり落ち込む必要がなくなりますよね。

圧迫面接にあったときの対応方法

圧迫面接で一番大切なのは、あらかじめ高圧的な面接である可能性があると理解しておく事と、面接で聞かれそうな質問の答えを用意しておく事です。

あらゆる角度の質問にも答えられるようにする

圧迫面接では普通の面接よりも内容に対して深く追求されたり、執拗に質問される場合が多いのですが、面接で質問されそうな内容をあらゆる角度で答えられるように準備しておくと、失礼な質問に対して答えに詰まりにくくなります。

模範的な回答よりも、落ち着いた態度を示すのが大切

圧迫面接において面接官は受験者がどう対応してくるかを見ています。態度や言葉が荒くないか、パニックを起こして思考停止していないかなどが重要で、きちんとした模範解答はあまり期待していません。考える必要がある場合には「少々お時間をいただけますか」と断りましょう。何を言われても、質問に冷静に回答できればいいのです。

圧迫面接は、意図を理解して準備しておけばきちんと対応できる

圧迫面接は面接官が故意に不快な質問をしたり、高圧的な態度をとることで、受験者のストレスに対する適応力を見る手法です。怒って感情的な態度や言葉を発したり、無言で何も答えられないような場合は、不採用となってしまうので、どんな質問をされても答えられるような回答を準備しておくと、いざという時に対応ができます。あらかじめそのような手法だというのを知っておき、自分を責めたり落ち込んだりする必要がないと理解しておきましょう。