圧迫面接での質問を上手くかわす方法とは | 新卒就活.com

2016/09/05更新

圧迫面接での質問を上手くかわす方法とは

圧迫面接での質問を上手くかわす方法についてご紹介します。
就職活動をしているうえで避けては通れない面接ですが、中には通常の面接とは違った趣向である圧迫面接というものがあります。
企業が圧迫面接を行うには目的があります。
その目的を知ることで、圧迫面接を克服することは可能なのです。

圧迫面接とは何か??

megaphone-50092_640

就職活動の面接で、面接官に理不尽な質問を浴びせられることがあります。
普通に構えていた場合、なんでそんなことを言われなければいけないのかと憤慨してしまうともいますが、その質問はもしかすると面接官が参加者を試すためにわざと理不尽な質問にしている可能性があります。

●理不尽な質問に対する就活生の反応を見ている!

こういった面接のことを圧迫面接と言い、圧迫面接の意図は精神的に追い詰め、それに対してどのように対処するかを確認していると言えます。
その為面接を受ける前に圧迫面接という面接方法もあると言うことを知っていれば、それに対しての対処も可能になると言えます。

圧迫面接の質問内容について

圧迫面接では理不尽な言動に対して参加者がどのように対処するか、精神的に動揺は見られないか等を企業は見ています。
どのような理不尽な質問や言動にも過敏に反応せず、しっかりと答えられるかどうかが圧迫面接を乗り切るポイントとなります。
圧迫面接の質問で多いのが、出身校を馬鹿にする発言、参加者が答えた内容を全否定するような言動、考え方自体を全て否定し馬鹿にするといったものなどが多いため、否定されたり馬鹿にされたりした参加者は一様に委縮してしまうケースが多いと言えます。

●圧迫面接は演技!感情的にならず冷静に対応すること

しかしこの圧迫面接には参加者を試すと言う意図はありますが、本気で馬鹿にしたり線否定しているわけではありませんから、面接官の言動にいちいち過剰に反応していては面接を上手く乗り越えることは出来ないでしょう。

圧迫面接の質問に対する対策

圧迫面接の質問は非常に神経を逆なでするようなものが多いため、冷静に対処できる人は少ないかもしれません。
しかし初めから圧迫面接の可能性があるという気持ちで臨んでいれば、どのような質問をされた場合でも冷静さを失わずに対処することが可能となるでしょう。

●圧迫面接の可能性を常に持つこと!曲がらない強い意志が必要!!

圧迫面接での質問には、何度もしつこくその答えの意味はとか、何故そう考えるのか、どうしてそのような考えに至ったのか。
といったような質問も多く利用されますので、もし面接官にしつこく食い下がられたことも想定して、自分の意見を曲げずに答えられるよう対策を練っておくことも必要だと言えます。

圧迫面接の質問から精神的な強さやどんな状況でも適応できる能力を見極めている

圧迫面接での質問は、わざとこちらの神経を逆なでするようにしていますので、面接官の質問に対して怒ったり動揺したりしてしまったら負けだと考えたほうが良いでしょう。
圧迫面接では精神的ストレスを与えてもそれに屈しない精神力を持っている人、どのような理不尽な質問でも機転を利かせて答えを導き出せる適応力のある人を、質問によって判別しようとしています。
ですからどっしり構えて動じない人ほど、企業には好印象となるわけです。
面接という異様な空間で圧迫面接を行われてしまうとなかなか冷静ではいられないと思いますが、自分自身の考えをしっかりと持てば圧迫面接での質問にも躊躇することなく回答を導き出せるのではないでしょうか。