圧迫面接で求められる対応力について | 新卒就活.com

2016/09/06更新

圧迫面接で求められる対応力について

圧迫面接で求められる対応力についてご紹介します。
企業が圧迫面接を行うのには、それなりの理由があります。
ですが普通の会話のやり取りだった面接からいきなり圧迫面接になった場合、求められる対応力が変わってきます。
圧迫面接にの対応力を身につけて、堂々と挑みましょう!

圧迫面接を行う企業側の目的とは??

silhouettes-616913_640

就職活動をしていて、書類選考や筆記試験などを突破すると、面接に入ります。
ここでやっかいなのが、圧迫面接です。
わざわざ面接官に敵意を持たせるような質問内容、質問方法をしてくるものです。
そこでカッとなってしまい対応を誤ると、採用されません。
なぜそんなことをするのか?

●就活生の精神力を試している!

面接官がわざわざ就職活動をしている人にそんな印象を与えて、会社の印象まで悪くなってしまうのに、圧迫面接なんてなんの意味があるのだろうか、という疑問もあります。それは、就活生の対応を見たいからです。

採用後、強いストレスがかかる場面というのは絶対にあります。
つまり圧迫面接すら乗り越えられないような就活生には期待できないということです。

圧迫面接の対応方法1,面接官の態度に萎縮しないこと

面接開始してあいさつもそこそこに、「君の学歴でうちに採用されると思う?無理だよね?」などと先制攻撃をされてしまうと萎縮して対応ができなくなります。
頭がかたまってしまって用意してきた答え以外になにも言えなくなってしまうと、採用の見込みがなくなりそうです。
そういう場合はまず、これは圧迫面接を受けている、と自分に言い聞かせるといいでしょう。
つまり、相手の言っていることの意味だけを考え、言葉遣いを無視するのです。

●圧迫面接をディベードとして考えること!

最初のひとことを変換するなら、あなたの大学は偏差値として見た場合、他の学生よりも劣っているように見える部分もありますが、偏差値からは見えない長所などはありましたら、教えてください。といった質問に変えるのです。

また、そういう競技として考えるのも有効です。
圧迫面接をいわゆるディベートのようなものとして考えます。面接官は就活生にストレスを与える役、就活生は、面接官のプレッシャーを受け流し、長所を伝える役としてある意味で演じるようにすると対応がしやすくなります。

圧迫面接の対応方法2,模擬面接で慣れる

圧迫面接でゆさぶりをかけてくるのは質問内容だけではありません。
面接官が頬杖をついていたり、こちらが言っている最中に「いやそれは間違ってるね、なに言ってるの?」などと割り込んできたりと、様々な方法でペースを乱そうとしてきます。
つまり圧迫面接とは、こちらがやりたいようにやれない環境を作ってくることだ、とも言えます。
ですから、用意してきた答えも使えないよう、言っていることに細かな突っ込みを頻繁に入れようとしてきます。

●面接の練習をする際に面接官役に突っ込みを入れてもらうのがポイント

そもそも、そういうことに対応できないようでは、圧迫面接でなかったとしても採用の基準を満たせなくなるかもしれません。
面接の練習をする際には誰かに突っ込みを細かく入れてもらったり、そういう人がいなければ、スマートフォンなどで撮影し、自分でできるだけ突っ込みを入れるように練習をすると、圧迫面接以外の面接にも対応できるようになります。

圧迫面接の対応方法はディベートだと思い込む・模擬面接で突っ込みに慣れること!

圧迫面接でストレスを与えるのは、採用試験としてはありかもしれません。
しかし、差別やセクハラをするような面接官だった場合はきちんと対応をする必要はありません。
そればかりか、女性に下着の色を聞いてきたり、性生活について聞いてくるような場合は対応力を見るという範囲をこえていますから、最近の基準では、裁判で勝つことすらできるかもしれないのです。

そもそも圧迫面接ということでも、面接が終了したら就活生に、圧迫面接をして失礼しました、と謝罪があってもいいくらいです。
相手に対する配慮のない人事が面接をしている会社だということを就活生に示していることに無頓着なところもありますから、我慢ならないと感じたら、最後まで付き合う必要はありません。

面接は、就活生が見定められているだけでなく、見定める側でもあるということを忘れないようにしたいです。