圧迫面接の回答例を参考にした対策法 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

圧迫面接の回答例を参考にした対策法

圧迫面接は実際に行われているので例を参考に、対策をしておくことも大切です。
いつどこで当たるかわからない圧迫面接。しかし企業が圧迫面接を行うのには理由があります。
ここでは圧迫面接の回答例などを紹介していきます。

圧迫面接は実際にある!?

NKJ56_kaisatusyakai-thumb-1000xauto-15327

就職活動をしているとよく耳にするのが企業の圧迫面接についてですが、実際に圧迫面接を行う企業は多くあります。
そもそも圧迫面接はなぜするのか?
社会人になると理不尽なことが起きるのは日常茶飯事です。
しかしそんな理不尽に耐え、自分で道を切り開き乗り越えていく力が社会人にとっては必要であり、企業はそんな人材を常に求めています。

~就活生が冷静に切り替えせるのか見ている~

圧迫面接では理不尽な質問や就活生が答えに困る質問をあえて投げかけ、就活生がどう切り替えしてくつのかを見ているのです。
それに加えわざと感情的になるような質問を投げかけ、就活生が冷静でいられるかを見極めています。
そこで今回は圧迫面接の回答例をご紹介します。
この回答例で、圧迫面接を切り抜けるヒントを見つけましょう。”

圧迫面接の回答例その1!

以下に圧迫面接の回答例をご紹介します。

・君はうちの会社には合わないのでは?
「もし何か問題があるのでしたら、率直にお聞かせ願えないでしょうか」

この手の質問は、就活生が冷静でいられるかを試しているので、落ち着いて対処する姿勢を見せましょう。

・当社を不採用となった場合どうしますか?
「御社が第一志のい望のため非常に残念ですが、そのことをバネに他企業へ挑戦いたします。」
これは就活生は実際のところ自社をどう思っているのかを試されているので、第一志望だということをアピールすることが大切です。

次項でも圧迫面接の回答例をご紹介します。”

圧迫面接の回答例その2!

前項に引き続き圧迫面接の回答例をご紹介します。

・弊社があなたを採用するとどんなメリットがありますか?
「私の強みである業務吸収の早さを活かし、誰よりも早く御社の即戦力となります」
この質問では実際にどんなメリットがあるかが重要ではなく、就活生が自分のことしっかりと理解しているかが重要になります。

自分の強みを全面的にアピールしましょう。

・部活動を頑張ったみただけど、役にたたないよ?
「はい、それは承知しております。しかし長年の部活動で培った折れない心は御社の業務においても活かせるものと考えております」
あなたが今までしてきたことを否定して、感情的にならないかを試しています。
冷静に、部活動でも養われたことがることを説明しましょう。

以上が圧迫面接の回答例となります。”

圧迫面接は回答例を参考に冷静な態度を貫き通す心構えを持っておくこと

いかがでしょうか?今回は圧迫面接の質問においての回答例をご紹介しました。
圧迫面接とは何も意地悪な質問を投げかけるだけではありません。
頬杖をついてたりつまらなそうな顔をして就活生に興味がないような素振りを見せたりと、とにかく就活生に対しストレスを与えてその耐性を見極めています。
そのため圧迫面接では常に冷静でいることが大切です。
もしあなたが圧迫面接に遭遇したとき、まずこれはこういう態度をとって自分を試しているんだということを念頭におきましょう。
そして自分に興味がなければ初めから面接にすら呼ばれていないということを思いだしてください。
そして今回ご紹介した回答例をもとに、うまく圧迫面接を切り抜けましょう。”