圧迫面接を受けた時の対処法3選 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

圧迫面接を受けた時の対処法3選

圧迫面接を受けた時の対策のポイントとは何でしょうか。

圧迫面接を受けてその企業に引いてしまう就活生・どう対応したら良いのか分からずに戸惑う就活生も多いのではないでしょうか。

ポイントさえ押さえておけば、圧迫面接には対処できます。今後の就活のためにも、対策を練りましょう。

圧迫面接とは就活生を戸惑わせるために行われる

476b96bf30fd7e57ec065d154c23bfac_s

就職試験や公務員試験における面接を受ける際、志望動機をどのように答えようか、学生時代に取り組んだことをどのように話そうかとあれこれ想定問答を考え、いざ面接本番。事前の想定問答の通りに答え・・・あれっ?面接官の反応が悪い。

その後、「そんなこと聞いていない」「ふ〜ん。そうなんだ」「社会を甘く見ているよね」など厳しい言葉や指摘が次々となされ、就活生を戸惑わせることになります。

~圧迫面接は不意をついて行われる!!対策を練れば怖くない~

面接試験で、ときどき見られるいわゆる圧迫面接。

事前に圧迫面接をやると分かればそれなりに対策も出来ますが、通常、圧迫面接は、突然行われるものなので、受験者は不意をつかれることが多いと思います。そして、圧迫面接の中には受験者の人格を否定するようなことを言う場合もあるので、圧迫面接を受けた受験者の中には傷つく人もいること思います。

そこで、圧迫面接に遭遇した際、何とか切り抜ける対策について考えてみることにします。

圧迫面接に遭遇したときの対策1,おどおどした態度を出さない

なぜ、企業・官公庁は圧迫面接を行うのでしょうか。その理由を考えてみることが圧迫面接の対策の1つとなります。企業にしろ、官公庁にしろ、様々な立場にある相手を相手にしないといけません。

仮に、不祥事があれば、クレームや抗議の電話を対応する必要があります。受話器の向こうにいる人を、企業・官公庁は選ぶことが出来ません。電話に出た相手が、自分に対し非常に厳しい言葉で抗議をしてくることもあるのです。

その際、おどおどしてしまうことは、かえって、相手方をさらに怒らせることになってしまいます。適切な対応をすることが求められるのです。

圧迫面接に遭遇したときの対策2,冷静に対処すること

reading-216862_640

このように考えると、圧迫面接をすることは、企業・公官庁の「危機」が生じた場合に適切に対応できる人材であるかを見る試験だといえます。そうすると、圧迫面接に遭遇した際の対策の1つは、相手の話を真正面から受け止め、冷静に受け答えをすることになるかと思われます。

面接官との受け答えの中で、ときに、自己の人格否定のことを言ってくることも考えられますが、その場合は、深呼吸して、圧迫面接をなぜしているのかを思い出して冷静になりましょう。

圧迫面接は、数分間、場合によっては数十分間、受験者を厳しい状況におきます。そのため、受験者の中には、耐えかねず途中で泣いてしまうこともあるかもしれません。

泣くことが直ちに面接の合否につながるかは、筆者には分かりません。ただ、泣いたとしても、すぐに冷静になって、頑張って受け答えを続けることで、面接官の評価が変わるかもしれません。とにかく、冷静になることが圧迫面接の際の一番の対策となります。

圧迫面接に遭遇したときの対策3,自分の意見を曲げることも大事

また、圧迫面接の中には、とにかく受験者の発言(意見)を否定し続ける場合もあるかと思います。

受験者の中には、自己の意見を通すべく、つい、面接官と「討論」してしまうことがあるかもしれません。圧迫面接はあくまで、臨機応変に対応できる人材であるかどうかを見る試験です。面接官と「討論」するための試験ではありません。この場合も、対策は、冷静になって、自己の意見を撤回すべきところは撤回するなどすることにあります。

圧迫面接の1番の対策はとにかく冷静になること!!焦らずに相手の意見を聞くこと

その他、対策としては、圧迫面接に遭遇してパニックになることを防ぐため、就職試験予備校や大学の就職支援などを利用して圧迫面接を体験することも考えられます。

実際に模擬面接で圧迫面接を体験すれば、圧迫面接をいかに切り抜けることが出来るか身をもって理解することができるので、本番の採用面接においても役に立つのではないでしょうか。

圧迫面接に遭遇しても、パニックにならずに冷静になることが一番の対策です。

そして、圧迫面接をする意図を思い出せばさらに冷静になることが出来るのではないでしょうか。面接官は、決して受験者の人格や考えを全否定しているわけではないのです。あくまで面接官は、受験者がどのように対処しようとしているのかを見ているだけなのです。