圧迫面接を行う企業の目的と対策法とは | 新卒就活.com

2016/09/06更新

圧迫面接を行う企業の目的と対策法とは

圧迫面接を行う企業の目的と対策法についてご紹介します。
圧迫面接はいつあたるかわからない、まさに突発的に起こる出来事です。
圧迫面接では理不尽な言動や態度など、通常の面接にはない雰囲気を味わいます。
そんな予想外の事態に就活生がどう対応するのか、面接官は見ているのです。

圧迫面接を行う企業の目的とは??

megaphone-50092_640
就活生が必死に面接に臨んだら、企業が思わぬ圧迫面接をしてきてショックを受けたてしまうこともあります。
企業が圧迫面接をするのは、就活生が精神的に強いかを試すという目的があるのです。

●予想外の状況に対応できる力と精神的な強さを試している!

せっかく採用してもすぐに辞められてしまうのでは企業にとっても損失になるので、最初から根性のある人物を採用するつもりなのです。
社会人なると顧客や取引先から一方的にクレームを言われることもあり、中には言われのない非難をされることもあります。
相手に対して冷静に対応できることが大切であり、就活生の性格を見極めているのです。
基本的に面接官全員が圧迫面接をする訳ではなく、笑顔で場を和ませる役割とヒール役がいると思いましょう。

圧迫面接の対処法1,反論はしないこと!

企業の圧迫面接で言われる嫌みは数多くありますが、中でも社会人としての自覚がないことをあからさまに指摘したり、叱責する面接官もいます。

・「君の考えは甘いよ」「そんなんじゃ通用しないよ」
・「一体今まで何を勉強してきたの?」

上記は圧迫面接では良く言われるもので、これは面接官本人が企業に入社してから上司や先輩に言われ続けてきた言葉だと思って良いでしょう。

●力不足な点は素直に認めて改善する姿勢をみせること!

この手の嫌味への対処法は、まず相手の目をしっかりと見て頷き、
「勉強不足で申し訳ありません、それでも持ち前の粘り強さで甘さを克服できる様に努力しますので、もし入社できたら宜しくご指導お願いします。」と言いましょう。

回答の仕方としては勉強不足な点を素直に認めて、改善する姿勢を見せることがポイントです。
決して黙ったり、泣きべそをかいてはいけません、凛とした態度で臨みましょう。

圧迫面接の対処法2,追求されない回答を用意する

企業の圧迫面接の中には、嫌味を言うだけではなくとにかく質問攻めにして就活生を黙らせてしまう、というものもあります。
最初に「志望動機をお願いします」と言ったら最後、「なんで、なんで、なぜ」と詰め寄るのです。

・「なんでウチじゃないとその仕事ができないと思ったの?」
・「なんでそれに興味を持ったの?」
・「他の部署になったらどうするの?」

●用意した回答に「なぜ?」と突っ込む癖をつけておくと良い!

面接の事前準備として、よく聞かれる質問に対して回答を準備しておくのが鉄則です。
ですがもうひと手間加えましょう。
それは、普段から志望動機や自己PRに関して常に突っ込みを入れておき、「なぜ」が消滅するまで答えを付きつめていくことです。
そうすることで、面接官からの「なぜ?」という追求に対処することができます。
「なぜ」の対策が万全だと自信がつき、どの企業でも圧迫面接を受けることが楽しくなってくるものです。

圧迫面接は就活生を試すための企業側の芝居!堂々とした態度で挑むことが重要

企業の面接で、何か雰囲気がおかしい、面接官の態度が非常識であると思ったら、すぐに「圧迫面接だ」と気づくことが大切です。
圧迫面接であると分かっていれば、面接官のあくびやよそ見、投げやりな嫌味などが滑稽に感じることでしょう。

圧迫面接を受けるのは自分が悪いのではない、企業が自分を試しているだけだと思い、おどおどしたりせずに悠然としていましょう。
面接官は就活生の答えよりも表情や態度を見ています。
嫌われ役になっていない人の視線に注目して、笑顔を作る様にすると落ち着きます。