圧迫面接行う意図を理解して就活を乗り切る方法 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

圧迫面接行う意図を理解して就活を乗り切る方法

圧迫面接行う意図を理解して就活を乗り切る方法についてご紹介します。
圧迫面接とは、面接官が就活生に対して威圧的な態度で挑み就活生の反応を伺う、一種の選考方法です。
中では圧迫面接が原因で鬱になってしまう就活生もいるとか…。
そうならないために圧迫面接を行う意図を知っておきましょう。

圧迫面接とは??

eyes-218185_640
就職活動を行う際に面接は非常に重要なものだと言えますが、企業によってはその面接で意地悪な質問ばかりしてきたり、理不尽な態度をとる面接官がいます。
おそらくその場合、面接に参加している参加者は、動揺したり頭にきてその怒りが顔に出たりすると思いますが、実はそれは圧迫面接と呼ばれる面接の方法だと言えます。

●わざとプレッシャーを与えて就活生の反応を見ている

圧迫面接はあえて参加者にプレッシャーを与えることでその反応を見ている面接のため、通常の面接と違い隠された意図があるといえます。
その意図に気付くかどうかでこの圧迫面接を無事に乗り越えることが出来るかが決まりますので、まずは圧迫面接を行う企業の意図を知ることから始めると良いでしょう。

圧迫面接の意図とは何か??

圧迫面接の意図はどのような企業の場合でもその意図はほぼ同じで、圧迫面接によるプレッシャーに負けない精神の持ち主かどうかということを調べていると言われています。
それと様々な意地悪な質問に対し臨機応変に答えらえれる適応性、理不尽な対応に対しても自分を見失わない冷静さなども合わせて調べていると言えます。

●就活生の精神の強さ・変化に対する適応性・冷静さを見極めている

実際に就職して仕事を始めた場合、理不尽な場面や思わぬトラブルにも見舞われることが多々ありますから、それらを問題なく乗り越えられる適性があるかどうかを圧迫面接では調べているわけです。
ですから決して自分のことが嫌いで意地悪な質問をしているのではなく、あくまでも審査の一部として意地悪をしてきている、演技だと考える必要があります。

圧迫面接に遭遇した場合の対処法

圧迫面接の意図はあえてプレッシャーを与えることでそれに耐えうる人材かどうかを調べる意図があると言えます。
そのため自分が圧迫面接に遭遇した場合には出来るだけ冷静になってそれに対処することを考える必要があります。

●圧迫面接の可能性を常に考えながら選考に臨むこと!

圧迫面接を行う企業では、これから圧迫面接を行いますなどと最初から知らせてはくれませんし、突然圧迫面接が始まるためほとんどの参加者は冷静さを失ってしまいがちです。
しかし圧迫面接があるかもしれないという気持ちで常に望んでいれば、初めから心構えが出来ているわけですから冷静な対処も可能となるでしょう。

圧迫面接は演技!就活生の精神的な強さや適性を測るための選考方法

圧迫面接の意図は決して参加者を罵倒することでは無く、あくまでも精神的な強さや適性を測るためのものです。
そのため圧迫面接の意図を始めからわかっている場合、それが演技だと考えれば全く焦ることも怖がることも、ましてや慌てふためくこともなく冷静に対処が出来るでしょう。

どんな意地悪な質問でも理不尽な態度でも、それはあくまでも演技ですから腹を立てたほうが負けだとも言えます。
そのため面接の空気が変わり圧迫面接のような雰囲気になってきた場合には、焦らずに自分を見失わないようにすることが必要となってくるでしょう。
あくまでも演技、そう考えるだけで気持ちも楽になり圧迫面接にもスムーズに対処できるのではないでしょうか。