塾講師でのバイトを自己PRで活かす方法 | 新卒就活.com

2015/12/22更新

塾講師でのバイトを自己PRで活かす方法

塾講師のアルバイトをしているという方は、就活生の中には多いのではないでしょうか。
そんな塾講師のアルバイトも活かせるものなら就活に活かしていきたいですよね。
そこでここでは、塾講師のアルバイト経験を自己PRに活かすコツを紹介していきます。

塾講師の経験を自己PRで活かす方法1,PDCAサイクルを利用する

gahag-0019898358-1
塾講師のアルバイトでの経験を自己PRでアピールする際には、PDCAサイクルを意識してアルバイトに励んでいたことを示すのが有効です。
塾講師の経験自体は、あまり直接的には活きてこないでしょう。
ですが、PDCAサイクルを意識して仕事に励み、それにより成果を挙げたという経験があれば、それはとても魅力的になるのです。
塾講師の場合、結果を残すためにPDCAサイクルを意識していたはずです。

●PDCAサイクルをどんな風に回していたのか具体的に説明しよう

それをきちんと自己PRで示すためには、PDCAのサイクルの中でどんな風に具体的に仕事を行っていたかを説明する必要があります。
どんなふうに計画をたてていたか、どんなことに工夫して実行していたか、どんなふうに見直していったか、どんなふうに改善したか、そういうことを具体的に説明することで、塾講師のアルバイト経験は武器になるでしょう。

塾講師の経験を自己PRで活かす方法2,PDCAサイクルを意識したきっかけを述べる

そういうサイクルで塾講師に励むためには、サイクルの事を意識し始めるきっかけがあったはずです。
ですから、塾講師のアルバイトをしている中で、そのサイクルを意識はじめたきっかけや理由について自己PRで語るようにしていってください。
それを語ることで、これからもそのサイクルで動いてくれるという期待を、採用担当者に抱かせることができます。

●きっかけは何でもいい!PDCAサイクルを回すようになった事実が必要

そこで説明するきっかけは、別に人に言われてそうするようになったという理由でも問題ありません。
きちんと何かのきっかけがあってPDCAサイクルを回すようになったという事実が必要なのです。
ですから、自己PRでPDCAサイクルを意識し始めることになったきっかけを語る際には、本当のきっかけをそのまま語っても問題ないでしょう。
突っ込まれてもボロが出ないので、正直に語る方が良いともいえるでしょう。

塾講師の経験を自己PRで活かす方法3,PDCAサイクルの仕事への活かし方を述べる

< そんな塾講師のアルバイトで得たPDCAサイクルの経験を、どんな風に仕事に活かすのかということを述べることで、自己PRは完結します。 実際の仕事の中で、どんな風にプランをたてて、どんな風な工夫の元実践して、どんな風に評価して、どんな風に改善していく予定なのか、自己PRの中できちんと説明するようにしてください。

●企業研究を徹底的にする必要がある!!

ここで紹介する活かし方は、具体的でないとなりません。
ですから、その会社の仕事について、徹底的にに調べておかなければなりません。
色々な手段を駆使して、その会社の具体的な実務内容を調べていきましょう。今ではいくらでもそういうことを調べていく方法はありますから、塾講師の経験を活かすため、出来ることは何でもしてみてください。

塾講師の経験を自己PRで活かすにはPDCAサイクルを意識したアピールの仕方が重要!

以上、塾講師のアルバイト経験を自己PRに活かすコツのご紹介でした。
塾講師のアルバイト経験を活かすためには、とにかくPDCAサイクルと向き合っていく必要があります。
ですが、それは必ず大きな武器になりますので、しっかりと向き合い、そこをうまく自己PRしていってください。