夏休みにインターンシップに参加する意義とは | 新卒就活.com

2016/09/05更新

夏休みにインターンシップに参加する意義とは

夏休みにインターンシップに参加する意義とは何でしょうか。インターンシップが必要なのかどうか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。夏休みにインターンシップに参加する意義を知っていれば、今後の就職活動をスムーズに進めることができます。就活生には必見のページです。

インターンシップの参加は就活の方向性を確認できる!!

sunflower-547318_1280

企業では長期の休みの間にインターンシップを開催する場合が多く、特に夏休みは就活において最後のインターンシップ参加のチャンスとなります。

~筆記試験や面接のために企業で働く空気を今の内に身に着けておくこと~

企業によっては春休みにインターンシップを開催するところもありますが、企業の多くが夏休みにインターンシップの予定を入れていますから、筆記試験や面接などのことを考えた場合、企業の空気を身をもって知ることができるのはこの夏休みが最後のチャンスとなります。

言い換えれば、夏休みのインターンシップに参加することで就活の方向を変更できるのもこれが最後ということですから、夏休みのインターンシップには是非参加をするべきだと言えます。

夏休みのインターンシップ参加で分かる企業・業種がある!!

夏休みのインターンシップに参加することで分かるのは、自分が就職を希望している企業や業種が果たしてどのようなものかということです。

就活を行う際に多くの人が企業の名前やステータスだけで就職先を選ぶ場合があるため、夏休みにインターンシップに参加して、実際に就職を希望している企業に体験入社することで、実際にはどのような企業なのか、自分にあった職種なのかを知ることができます。

~実態系に勝るものはない!!就活前の参加は決して無駄にはならない~

百聞は一見にしかずと言うことわざもあるように、実体験に勝るものはありませんし、もし希望する企業のインターンシップでなくても、同じ業界の企業であればどのような業界化を知るには問題ないでしょう。それにより、就活の方向性も変わる場合がありますから、参加は決して無駄にはならないでしょう。

夏休みのインターンシップのデメリットとは

企業の多くが夏休みにインターンシップを執り行いますが、夏休みのインターンシップに参加するデメリットとは何でしょうか。それは一言で言えば最後の夏休みがインターンシップで潰れてしまうと言うことです。

~夏休みのほとんどがつぶれてしまう!!自由に過ごせる時間がほとんどない~

もし複数のインターンシップに参加をする場合には、夏休みはほとんどインターンシップで潰れてしまうことにもなりかねません。自由に過ごせる時間はほとんどないと考えたほうが良いかもしれません。無論就活真っ只中の就活生に休みなど無いと考える人もいるでしょうが、やはりインターンシップだけで夏休みが潰れてしまうのはデメリットだと言えるでしょう。

夏休みのインターンシップ参加は就活に役立つ!!ただし有意義な使い方を考えること

夏休みのインターンシップに参加することで企業の空気を知ることができ、参加によって更に就職したい意欲が沸く人と、自分には合わないと感じて早急に方向転換する人が出てくるでしょう。

夏休みのインターンシップの参加は、就活生に残された最後のチャンスだと言えますし、インターンシップで好印象だった場合には、本番の面接などで優遇されるケースもあると言えます。

そのためインターンシップ遺産化した場合には、実際に就職した時のことを考えて自分の能力を存分に発揮したほうが良いと言えます。夏休みのインターンシップを有意義にするためにも、準備を怠らずインターンシップに臨むようにしましょう。