大卒フリーターを就職の面接で不利にしない方法 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

大卒フリーターを就職の面接で不利にしない方法

大卒の後そのままフリーターになってしまったという方もこの時代には少なくありません。
ですが、そういう人でもできれば正社員になりたいと思っていることでしょう。
でもやはりフリーターという状況は不利です。
そこでここでは、大卒フリーターを就職の面接で不利にしないための方法を紹介します。

大卒でフリーターになった理由を明確にする

NKJ56_kaisatusyakai-thumb-1000xauto-15327
大卒フリーターを就職の面接で不利にしないためにまず大切なことは、フリーターになった理由を明確にするということです。
ただなんとなく成り行きでフリーターになったというのと、公務員試験のための時間確保としてフリーターになったというのでは、明らかに後者の方が印象がよく、後者の方がフリーターであるという現状が不利に働かないように思えますよね。

~ポジティヴな理由が望ましい!フリーターになった目的を明確に!~

ですから大卒フリーターを面接で不利にしないためには、このように、ただなんとなくではなく、フリーターになった明確な理由を用意しておく必要があります。
その理由もできれば、「やりたいことをかなえるため」のポジティブな理由であることが望ましいです。
自らポジティブな理由でフリーターを選択するということは、それだけ行動力があるということです。ゆえにプラスに働くことでしょう。

大卒後のフリーター時代に得たものを考える

フリーター時代の過ごし方というのも、大卒フリーターを就職の面接で不利にしないためには大切なこととなります。
言葉ではなんとなくフリーターになったのではないと伝えていても、そこで得たものがないのであれば、それはなんとなくフリーターになったのと変わりありませんよね。
ですから、大卒後フリーターをしながら何を得たのかを説明するというのもとても大切なことなのです。

~見える成果がなくとも努力した経験をアピールしよう!~

それは別に何かの資格をとったとかの目に見える成果だけではなく、「毎日何時間もアルバイトをしながら何時間も勉強できた」などのスケジュール調整能力等の能力でも良いです。
得たものがあることを示すということが大切なのです。
勿論成果が出ているに越したことはありませんが、成果が出ていない場合は、そうして少しでも実のあるものだったように聞こえるよう工夫しましょう。

フリーターを辞める理由をはっきりさせる!

自ら選んだ大卒フリーターという道を、なぜ辞めるのかということも明確に示すことが出来ないとなりません。
それができないと、結局なんとなくで大卒フリーターになったんじゃないか…と思われてしまいます。
ですから、なぜフリーターを辞めて就職したいと思ったのかということもしっかり明確に説明できるようにしておきましょう。

~仕方のない理由ではなく前向きな姿勢を示そう!~

その理由は今までの自分の選択をフイにするような理由でない方が効果的です。
たとえば、より真剣に将来を考えたらフリーターを辞めたくなったというのと、フリーターをして得た今までの知識を活かして、この仕事がしたいからここの面接を受けてフリーターを辞めようと思った、というのでは後者の方が明らかに印象は良いですよね。
仕方なくそうしたのではなく、ポジティブな選択をしてフリーターを辞めようと思ったと述べるようにしましょう。

大卒フリーターを選択した理由を説明できるようにしておこう!

以上、大卒フリーターを就職の面接で不利にしないための方法のご紹介でした。
こうして工夫していけば、大卒フリーターも不利にはならないでしょう。
自分の選択をなんでもかんでも説明できるようにしていきましょう。その先にはきっと明るい未来がありますから。