大学と就職の関係性について知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/08/04更新

大学と就職の関係性について知っておくべきこと

大学と就職の関係性についてご紹介します。大学と就職が密接に結びついている企業があります。
歴史的に特定の大学の出身者が多い企業などもあり、人材交流が盛んなケースもあります。
また特定分野の就職に強い大学も多いことから、改めて自分の大学の特性を知る事も就活において重要な事です。

大学と就職の関係性について1,地域や人材の結びつきも重要

PAK95_shibuyaskoomori20141018113759-thumb-815xauto-17727
大学と就職の関係で、真っ先にお思い浮かぶのが、企業で特定大学の出身者が多いケースです。
近年はグローバル化の波が地方に押し寄せていることから少なくなりつつありますが、伝統として続いている大学も残っています。
特徴としてはOBやOGと現役学生の交流機会を設けることや、会社説明会の優遇などの措置です。

~メリットを享受する大学間での競争率が上がるデメリットもある~

会社の情報や社風について知った上での応募であれば、身近に触れる機会がない学生よりも有利になることがあります。
また、大学というブランドが信頼の下地として出来上がっていることもあり、そちらもまた就活で有利になる点です。
一方で、メリットを享受する大学間で、競争率が上がることもあります。
大学と就職が密接に関連していて採用率が高い場合でも、同じ大学内で競争が激しければ他の就職先を検討する必要性が出てくるのです。

大学と就職の関係性について2,専門性による魅力と業種

大学と就職が密接にかかわるものの一つに、専門性の高さと業種の親和性の高さがあげられます。
例えば、神道系の大学を卒業すれば、神社に就職する際に明らかに有利になります。
一方で、就職が可能なこと、自分が望む役職や職務を与えられるのは別問題になります。何を目指すかでも確率は変動します。
理数系に強い大学であれば、研究分野に強い人材が求められるなどの傾向は強まり、学校のブランドネームで優遇されることもあり得ます。

~事前に対策をしなければあっけなく採用試験で落とされるのは必然~

ただし、本人の努力や情熱がなければ面接や試験で落とされる可能性があるのは一緒です。
重要なのは大学と就職の過去の実績ではなく、自分の努力です。
同じスタート地点に立っている学友がいるのなら、その学友かそれ以上の努力、または効率よくで立ち回らなければ競争に勝ち抜くことは出来ないのです。

大学と就職の関係性について3,異分野で活かす方法もある

大学と就職の関係を利用する方法も多くあります。
専門性の高い大学であれば関連する企業を就職先に選ぶのは一つの方法ですが、人手が不足するであろう企業を優先的に選ぶのも方法の一つです。
例えば、営業などの人材が豊富で、積極的な募集を重ねている会社は、その裏方である会計事務を担当する人間を求める可能性もあります。
そこに、数学や経済に強い大学生が応募して来れば、嫌がおうにも目立ちます。

~ニーズを先取りして自分の能力が活かせる企業を狙うのも手!~

ニーズを先取りし、自分を必要とする企業を狙い撃ちするのも方法論です。
大学と就職の関連を、不足を補うためのポイントとしてとらえるのです。
競争倍率が低い中であれば、おのずと就活の成功率もあがってきます。
地方的なニーズを掴めば、さらに選択肢の幅は広がります。

大学と就職の関係を利用して企業のニーズを先取りすることが重要!

大学と就職は密接にかかわりあうもので、長所を伸ばして就職先を求めると同じ大学の学生との競争になってしまうこともあり得ます。
努力を重ねて就活を成功させる正攻法もありますが、需要と供給の面から、自分の学んだことを活かしてくれそうな中小企業や地方企業を狙うのも一つの方法です。
視野を広く持つことが、就職活動成功の秘訣と言えます。