大学で催される合同企業説明会に参加すべき理由と思いもよらぬ重要性 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

大学で催される合同企業説明会に参加すべき理由と思いもよらぬ重要性

大学の合同説明会とは、多種多様な業界・業種の企業が参加し、企業毎にブースを設置し、求職者に会社や仕事の情報を提供する場です。
主催はリクルートやマイナビのような就職サイト運営企業のほか、各地方新聞社等が主催するもの、大学が学内対象に主催する場合もあります。

大学の合同企業説明会について

tie-690084_1280
学内合同企業説明会は限られた数の企業が参加し、なんと言っても、その大学内の学生のみを対象に会社説明を行う限られた合同企業説明会です。
企業側にとっても学生にとっても互いにメリットがあります。
というのも、企業側はその大学の学生を獲得したいと考えているので(そうでなければ参加しません)、その大学の学生と接触できる有効な機会と言えるでしょう。
また、学生にとってもメリットがあります。大学で行われる合同説明会ですので、就職サイトで多くの企業数から自分の希望企業を検索するより、確実に自分にとって働きやすい会社に出会うためというメリットがあります。

●大学側も信頼している優良企業に出会えるチャンス!!

大学の学内合同企業説明会に参加する意義は、以下の通りです。

1,大学のOBもいるであろう、優良な企業の可能性が高い。
2,個別に採用担当者と話すことができ、自分をより印象づけることができる。
3,質問もしやすい

企業にとっても学生にとっても特定の大学で行われる学内企業説明会はとても意味のあるものです。メリットがあります。その意味のある、有利な出会いを逃さないために他の日程を調整してでもぜひこの合同説明会を活用しましょう。内定獲得に繋がる有利な近道になるかもしれません。

大学の合同企業説明会独自の選考ルートの可能性有りアリ

学内合同企業説明会に参加した後はどのような選考過程が用意されているのでしょうか。
会社の自社セミナーに出席し、他の学生と同様に筆記試験を受けるという場合が多いでしょう。
しかし、この大学内の合同企業説明会は学校の就職課や研究室が絡んでいるため、その次は筆記試験や面接などの個別対応の選考ルートが用意されている場合もあります。非常にお得な特典です。

●合同企業説明会のターゲットは会場である大学の学生!

いずれにせよ、学内合同企業説明会が有利な内定への近道になることは間違いありません。
その会社があなたの大学で学内企業説明会を行っているというのは、間違いなくその大学をターゲットにしているという意味なのです。
よほど悪い印象を与えない限りは内定の道も近いはずです。
そのため、学内企業説明会は非常に意味のある合同説明会だと覚えておきましょう。

大学の合同企業説明会に参加するメリットとは?

大学で行われる学内企業説明会は内定に繋がりやすく、学生にとっても非常にメリットがあり有利です。
学内企業説明会の有効性を知らない学生も多いのでいち早く活用すれば、積極的に会社の説明を受けて他の学生に差をつけられるでしょう。
通常の合同説明会にはない、学内合同企業説明会の有効性は以下の通りです。

1,大学のOBを採用している働きやすい優良企業が多い
2,就職情報サイトで探すよりも効率的に優良企業に出会える
3,知らない企業でも働きやすい企業や、学んだ学科を活かせる企業である可能性が高い

ぜひ積極的に学内合同企業説明会に参加しましょう。就職情報サイトで見つけた良く知らない企業の説明会に出席するよりも有意義な時間を過ごせるかもしれません。

大学の合同企業説明会への参加は内定への近道!

大学内で開催される合同企業説明会に参加するメリットは効率的であること。
またOBを受け入れている企業が多いため、働きやすい企業に出会いやすいことが挙げられます。
本当に絶好の機会ですので、できるだけ多くの企業の説明を詳しく聞いて、応募をしてみましょう。