大学主催の就職セミナーに参加する意義とは | 新卒就活.com

2016/09/20更新

大学主催の就職セミナーに参加する意義とは

大学主催のセミナーに参加する意義について紹介します。
OBやOGの実際の就職活動の際の逸話など、なかなか聞けない話が実際に聞ける可能性があるのが大学の就職セミナーです。
しかし、一方で、自分の就活の状況と、最適なタイミングが一致するとも限らないのが問題点の一つです。

大学主催のセミナーへの参加はタイミングが重要

sidewalk-657906_640

大学の就職セミナーは当然ですが、大学が主催して開催することが多くなります。
基本的に大学の都合で講師や日程が決まります。
一方で、すでに大学を卒業し、働いている人間を招いて質問会などを開く場合もあります。
こちらは非常に有効性が高く学ぶべきことが多いポイントになります。

先輩の話を聞けるのは大きなメリットですが、就職活動が困難を増し、よりスピード感が重視される中で、大学の就職セミナーを予定の中心にするのは無理があります。

~今やるべきことを後回しにしてまで参加する必要性はない!~

予定の中心にするべきなのは、実際にエントリーシートを書くことや、企業の説明会に足を運ぶことです。
ノウハウを学んでいない場合は有効になりますが、ビジネス教室の就活講座の受講や、ネットでの情報収集が容易になっている以上、無理にこだわる必要はないのです。

大学主催の就職セミナーに参加する際の注意点

無理に参加する必要のない大学の就職セミナーですが、前述したように既卒者の就活に端する実際の話や、志望企業や公務員試験の対策など、個人的に気になる、有用と感じる物があるのなら参加して損がないものです。
あくまで重要なのは優先順位をつけることであり、優先順位が低いのに漠然と就職セミナーを受けても何も身につかずに終わってしまう可能性があります。

~就職セミナーの内容を精査してから参加することが重要!~

講師や開催時間など、就職セミナーの内容を精査することも重要です。
また、近年はセミナーの参加を強制することはハラスメント行為として認識されつつあります。
友人や学友を誘って参加するときも、参加を強制することがないように気を付けることが必要です。

大学に企業を呼んでの就職セミナーの場合

大学によっては、就職セミナーとして学内で企業の合同説明会を実施することがあります。
この場合は多くの企業が集まり、一度に多くの企業の説明会に参加することが可能になるためメリットは多いと言えます。
ただ、こちらも参加企業の業種や傾向を確認することが大切で、多くの企業から多くの話が聞ける言うメリットだけで行動してしまうと、結局何も残らない可能性があります。

~地元のつながりで参加する企業も多い!興味のある業界・職種がある場合は積極的に参加しよう!~

自分の志望する会社があるか、興味のある分野の会社があるかが重要です。
また、合同説明会では、ネットで調べられる範囲の説明しか受けられないため、あえて参加しないと言う人も存在します。
一方で、大学の信用や地元のつながりで企業が参加する場合も多く、説明会の機会が少ない企業やネットでの情報露出が少ない企業が参加する場合は、相対的に就職セミナーに参加するメリットも大きくなると言えます。

大学主催の就職セミナーへの参加を考える際には優先順位をつけて判断すること

大学の就職セミナーと言っても、中身は様々です。
共通して言えることは、参加しなくてもそれを埋めることが可能な場合も多く、予定の中心に置く必要性は薄いと言うことです。
自分の志望と重なる部分があれば積極的に参加し、そうでなければ個人の活動を優先することが、就職活動にはプラスになると言えるのです。