大学卒業までに就職できなかった場合の対処法 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

大学卒業までに就職できなかった場合の対処法

大学卒業までに就職できなかった場合の対処法についてご紹介します。
就職活動は縁です。
ですから大学卒業までに就職できない方もいらっしゃると思います。
ですが大学卒業までに内定が貰えなくとも、就職することは可能です。
大学卒業までに就職できなかった人には必見のページです!

大学卒業までに就職できなかった場合の対処法1,既卒として就活する

joan-of-arc-206939_640
一生懸命就活をしても大学卒業までに就職が決まらないという学生も少なくありません。
その場合「既卒」となり、一年下の学生と一緒に就活をすることになります。
しかし次の就活シーズンを待たなくても、既卒にとってチャンスの時期もあります。

●3月中旬頃
新卒が何からの事情で内偵を辞退することがあります。
その為に追加で急募の新卒求人が出ることもあるのです。

●5月中旬頃
新卒が入社したものの「自分に合わない」と辞めてしまうのがこの時期です。
既に配属が決まっていて人手不足になってしまう為に、急募として新卒求人が出ます。

大学卒業までに就職ができなくても諦めずに、求人情報をこまめにチェックしておくことが大切です。

大学卒業までに就職できなかった場合の対処法2,職種を絞る

大学卒業後に就職をしたいと思ったら、新卒が中々応募しない様な業種に絞って就活をすると求人が見つかり易くなります。
新卒を必要としている企業でも、介護業界や中小企業の営業などは人気がなく、求人を出しても応募者が少ないものです。
その為に既卒者でも新卒扱いで長期間募集をしている企業もあるのです。

~介護業界や中小企業へが狙いめ!新卒が応募しない業界・業種の求人をチェック~

大学卒業後に介護業界に就職するのは抵抗があるかも知れませんが、これからの時代に益々発展が期待される業界です。
中小企業の営業の仕事は、地元の企業を狙ってハローワークで探すと良いでしょう。
人気のない仕事はつまらない仕事とは限りません、自分から興味を持つくことでやり甲斐を感じることができるのです。

大学卒業までに就職できなかった場合の対処法3,未経験可の求人を探す

大学卒業までに就職が決まらない学生の中には、一般の求人サイトや転職エージェントを利用して就活をしようと考える人もいます。
しかし一般の就職サービスは社会人としてのビジネスマナーや基本常識をわきまえている人を対象にしていいます。
大学卒業後でまだ社会人としての仕事経験が何もない人にとっては就活がかなり厳しくなります。

~アルバイトから社員に登用されるシステムがある企業を探そう!~

中途採用として就職したいと思ったら、「未経験可」の仕事で、アルバイトから始めて社員に登用されるシステムがある企業を探した方が良いのです。
その場合、どちらかというと転職サイトよりはアルバイトを探した方が見つかり易くなります。

大学卒業後も2年以内で新卒扱いで就職で活動をすることが可能!

大学卒業後も2年以内であれば、留年している学生と同じレベルで新卒扱いで採用してくれる企業もあります。
就活中に内定が一社も貰えなかった人の場合、面接では自己分析を改めてもう一度しっかりとし直したことを伝えて、面接官を納得させることが大切です。

大学卒業後に就職したいと思う人の場合、一人で悩まずに利用できるあらゆるサービスを利用しましょう。
卒業後に人と接する機会が少なくなることでコミュニケーション不足になってしまう可能性があります。
スムーズに就職する為には、常に人と接しながら社会性を保ち続けることも大切なのです。