大学新卒者が面接で着用するふさわしい服装とは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

大学新卒者が面接で着用するふさわしい服装とは

大学新卒者が面接で着用するふさわしい服装とは何でしょうか。大学卒業して起業に就職しようとしている人は多いはずです。
しかし、面接でどのような服装を着るのが正しいのでしょうか。大学新卒者が面接で着用するふさわしい服装についてお教えします。就活生は必見です。

面接では身だしなみから第一印象を受け取られる!!

social-200288_640
大学生は学業に専念するべきと来年卒業予定の就活生は例年より3ヶ月遅い就職活動となりました。
企業情報の収集や適正試験対策など事前に準備しておくべき事が沢山ありますが、中でも採用面接対策には手を抜くことはできません。採用面接において重要視される項目に志望動機や自己PR、大学時代に一番力を注げたことなどがあります。

~服装がまず目に入る!!基本的なマナーを押さえてむかうこと~

担当面接官に好印象を与える身だしなみの第一印象で採用基準にも大きな影響が出てくる事は明らかで、頭髪や服装、面接のマナー、表情、言動をしっかりとチェックされています。
ここでは面接時のふさわしい服装について考えていきましょう。

男性の新卒者が着る面接でのふさわしい服装とは

就活生の多くは大学在学時から企業説明会や新卒の為の合同説明会、大学主催の面接対策などに参加される方も多くいますが、基本的な面接の服装もそれと同じで男性、女性ともにリクルートスーツが基本とされています。
コンセプトとしましてはナチュラルで無難にまとめる事が大事でネクタイの色や鞄、靴、コートなども一般常識で考えてみておかしくないコーディネートが必須となります。

~地味な色でまとめるのが基本的にふさわしい服装!!~

具体的に見てみますとダークグレーか紺のリクルートスーツでワイシャツは白、ネクタイはストライプか水玉、靴とベルトは茶か黒で色を合わせる、
靴下は濃い目のものを選び鞄はビジネス用を選ぶ、これが基本的にふさわしい服装です。

女性の新卒者が着る面接でのふさわしい服装

次に女性の面接でのふさわしい服装を見てみますとスーツは男性と同じく紺か黒、グレーのリクルートスーツです。
ブラウスやシャツは白を選び靴は黒か紺のバンプス、ストッキングは黒かグレー、鞄はビジネス用、これが基本的にふさわしい面接時の服装となります。

~メイクやアクセサリーにも心掛け派手な印象を与えないこと~

特に女性の場合はメイクや髪型、スカーフ類、アクセ類、腕時計にも注意する必要がありナチュラルメイクを心がけ派手な印象を持たれないようにすることが大事です。
大学在学中に大学での面接対策、基本的なメイク講座やマナー講座も開催されていますので就活中のうちから身だしなみから受ける第一印象を意識しておく心構えが必要です。

大学の新卒者が面接に向かう時はナチュラルで無難な服装が基本!!

大学を卒業した年の4月から新社会人として活躍するためには就活中に準備しておきたい事が沢山あり、上手な履歴書や自己PRも大事ですがそれと同じくらい採用面接での服装も大事になってきます。
身だしなみから受ける第一印象を重要視する企業も多く、男性、女性ともふさわしくない服装は避け好印象を与える服装で面接に挑む事から面接が始まります。

コンセプトしてナチュラルで無難に見える服装を心掛け、第一印象で健康的に見え、知性を感じさせる服装選びが基本となります。
企業説明会や大学での面接対策やマナー講座に参加してさらに理解を深め面接にふさわしい服装を普段から理解しておきましょう。