大学生がインターンシップ募集に応募する際の心得 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

大学生がインターンシップ募集に応募する際の心得

大学生のインターンシップ募集を行う企業が増えています。
近年、企業における採用の活動が一斉に後ろ倒しされたことから、早めの人材確保の場として注目されているからです。
一方、学生からしても、現場で実際に学びながら働けることから、積極的に参加するケースが増えているのです。

大学生のインターンシップ募集に応募するメリットとは?

cc-library010009832

経済動向や、政策と絡み、大学生の就職活動の環境も変化しています。
企業側も人材確保が難しくなっていることから、積極的なインターンシップの募集により状況の打開を試みています。
企業のメリットは、インターンシップで現場に触れた大学生が応募してくれた場合、人物をよく知っていることから受け入れが容易なこと、また、企業の内情を知らずに応募され、選考の為に大きな労力を使うリスクを減らせることにあります。

●現場経験が就活でアピールポイントになる!

また、学生側も現場の空気を学べるため、例え採用に至らなくても、他の企業で現場経験があることをアピールできるメリットがあります。
募集には積極的に応募し、就職活動に熱心であることを示すことも大きなプラスであり、その経験は次に活きます。

大学生がインターンシップ募集に応募するデメリット

メリットが大きい一方、双方にデメリットもあります。
企業側はインターンシップ中の給料を払わなければいけないため、インターンを受けた人がエントリーを辞退した場合や、希望通りの人物でなかった場合は、募集や選考のための手間や人件費が無駄になる可能性があります。
大学生もインターンシップに時間を取られ、他の就職活動や、テストと言った重要行事に支障が出れば大きな問題になります。

●インターンシップは時間を取る!試験や他の就職活動に支障が出ないよう注意!

企業側は、投資と思って募集し続けることが重要であり、大学生は受け入れ先と綿密な相談を行い、スケジュールを調整する事でリスクを低減することが出来ます。
テストための休みは柔軟に対応してくれる企業が増えており、スケジュールに関しては多くの場合学生が主導権を握れます。
これは、学生が未来の社員になるかもしれないため、丁重な扱いをすると言った企業側の姿勢の表れでもあるのです。

大学生がインターンシップ募集に応募する際の注意点

デメリットを大きくコントロールすればインターンシップは非常に魅力ある制度ですが、一方で募集を掛けているものが常に自分の希望先とは限らず、また、実際に参加し始めて期待を裏切られることもあります。
期待を裏切られた場合は、なぜ期待を裏切られたか、その理由も考えてみることが重要になります。
ただ、企業側が悪い可能性もありますが、自分の期待が過剰である場合や、取り組み方の姿勢で齟齬が出る場合もあります。

●見聞を広げるために複数の企業を回るのも手!転々とし過ぎないよう注意!

また、インターンシップ自体を取り入れたばかりで、大学生の受け入れのノウハウを持っていない企業も少なくないのです。
課題を洗い出したら、早めに決断し、次に向かう事も重要です。
明確な雇用契約を結んでいない場合は、すぐに退職できるのもメリットです。
大学生の募集をかける企業は多いため、見聞を広げるために複数の企業をまわるのも一つの方法です。
ただし、あまり転々としすぎても、履歴書に書いた際に根気のない人物と疑われかねないため、その点は注意が必要です。

大学生がインターンシップ募集に応募する際は希望通りの仕事につけない可能性を心得ておくこと

大学生のインターンシップ募集は企業の切実な事情と、学生の要望がうまくマッチしたシステムと言えます。
一方で、必ず企業が学生の受け入れに手慣れているわけでもなく、希望通りの仕事もできるとも限らないものです。
それで腐らずに企業の良い所を探すか、早めに切り上げて別なインターンシップに向かうかは自分次第です。
自分の将来を考えながら、システムを有効に活かすのが一番重要な事なのです。