大学生の就活事情とは?その特徴と傾向について | 新卒就活.com

2016/09/15更新

大学生の就活事情とは?その特徴と傾向について

就活のスタイルはみんな違うものだからこそ、そこには十人十色の就活事情があるはずです。
でも、就活が本格化してくればしてくるほど、他の人にはなかなか聞づらいのが「就活事情」ですよね。
気になる就活事情の中でも今回は、「どんな就活スタイルがあるのか」について、ご紹介したいと思います!

就活事情1,スタートする時期は同一でない

social-200288_640
人によって就活事情は様々ですが、開始時期によってスタイルに違いが出るのは明らかです。
就活がスタートする時期は、一般的に経団連によって定められています。

●経団連に加盟していない企業は早くから選考を行っている

しかし、経団連に加盟していない企業では、その採用活動の期間も企業によって様々。中小企業や、ベンチャー企業、外資系の企業に興味のある学生をはじめとして、世間が就活キックオフを迎える前から就活に取り組んでいる学生もいます。

就活事情2,世間のキックオフより早く始めるスタイル

一般的な就活キックオフより早い時期から就活を始める学生の多くは、大学3年生の夏や秋から、インターンや会社説明会など、企業と接触する機会を持ち始めます。
ベンチャーや外資系の企業、経団連に加盟していない企業では早期から採用を開始して、優秀な学生を囲い込む傾向もあるようです。

●優秀な学生を囲い込む傾向がある

経団連に加盟している大手企業の採用も受けようとしている学生にとって長期戦になるのが難点といえますが、早い時期から会社について知ることで、比較できるものが増え、納得いく決断につながりやすいスタイルだといえます。

就活事情3,キックオフと同時に始めるスタイル

学業や遊びを思いっきりやりきって、そこから就活を始めるスタイル。
合同説明会や企業説明会も増えてきて、周りの学生も動き出す時期でもあるので、モチベーションが上がりやすいスタイルであるといえます。

●事前に計画を立てて短期戦に持ち込む準備をする!

その一方で、キックオフが周りの学生と同じタイミングであるぶん、周りがどんどん内定をもらい始める時期になると、焦りが出てくることもあります。
選考が本格化するまでの時間は限られているので、まずは計画を立てて、短期でしっかりとした準備を整えることが大切です。

就活の事情には経団連が深く関わってくる!準備期間に十分な対策を!

なかなか聞けない就活事情、その中でも今回は、十人十色の「就活スタイル」についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。
他の学生の就活事情も気になりますが、足並みやスタイルを周りと合わせる必要はないのです。
キックオフまでの時間や、キックオフしてから就活が本格化するまでの時間など、それぞれに「準備期間」が設けられているはずです。
いざとなって焦ってしまわないように、キックオフ前にも企業のインターンに参加してみたり、自己分析や企業分析を進めておくなど、できそうなことから自分のスタイルでこつこつと始めておくと、自信にもつながります。