大手とは違う? 中小企業中心4つの就活術 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

大手とは違う? 中小企業中心4つの就活術

大手企業と中小ベンチャー企業では、就活のコツもかなり変わってきます。大手企業はどこの企業も似通った採用活動を行っていますが、ベンチャーはそれぞれの企業で独自の採用手法を採っていることも多く注意が必要です。
今回は中小ベンチャー企業を受ける際、どういった点に注意すれば良いのか、簡単にお伝えできればと思います。

1. 企業を探す前に自己分析を徹底する

大手企業であれば、ある程度どういった会社かイメージもつくかと思いますが、中小ベンチャー企業となるとなかなかそうはいきません。ナビサイトには何千社という中小ベンチャー企業が存在しているので、そこから自分に合った企業を探すのは大変な作業です。また、中小ベンチャー企業はホームページの作りが簡素で、あまり企業情報が公開されていないことも多いです。
そこで必要になるのが「自己分析」です。自分に合った会社がどのような企業なのか、かなり具体的にしていないと、候補が数百社に及んでしまう為です。大手企業を受ける以上に、自己分析を徹底しておく必要があります。

2. 採用情報の収集を早急に

優良中小企業はナビサイトだけではなく様々なメディア、たとえば雑誌やテレビなどでも多く取り上げられています。そこで興味を持った会社について「受けたい」と思うこともあるでしょう。ですが中小ベンチャー企業は、リクナビやマイナビを使わず、自社のホームページのみで採用情報を公開している場合も多いです。ですので、自社の採用ホームページについても、きちんと調べるようにしましょう。知らない間に採用活動が終わっていたということにもなりかねません。

3. OB・OG訪問は必須!

中小ベンチャー企業は、企業の特徴が見え難いことが多いです。ですので「なぜ他社ではなくてウチなのか?」という志望理由を詰め切れなくて苦労することもあるでしょう。
その為、OB・OG訪問を通じて、その会社の生の声をなるべく多く収集しておくことが大切です。特に先輩がその会社を選んだ理由、なぜ他社ではなくその会社に至った過程はしっかり押さえておきましょう。その際、単に表面的な答えを得るだけでは不十分です。たとえば「他にもそういう会社はあったと思うのですが?」「そうした思いだったら、たとえば◯◯という会社の方が合っていたと思うのですが?」という逆質問を徹底しましょう。そうすることで、企業の細かい特徴がだんだん見えてきます。勿論、事業・仕事内容について理解を深めるのも忘れないようにしておきましょう。

4. 自己分析は中学時代から徹底的に振り返ろう

1とやや被りますが、中小ベンチャー企業の場合、選考自体も大手企業と色が異なります。
たとえば、いきなり一次面接が社長面接だったり、質問内容もいわゆる頻出質問とは違い価値観に踏み込んだものが多かったりするのが特徴です。そのため、大手企業ではあまり見られない「学業」や「中学・高校時代の経験」などについても踏み込んだ質問が為されることも多いです。
筆者の実体験になりますが、とあるITベンチャーを受けた際、最終面接で社長と役員の計3名が出てきましたが、中学時代の部活での役割や高校選択の理由、大学進学理由や出身大学・学科を選んだ理由等まで訊かれたことがありました。また、当時ギリシア語を専攻していたのですが、ギリシア語を学ぶ難しさやそれを学ぶことの意義なども訊かれました(もっとも、この企業は、他に受けた中小ベンチャー企業と比べても、かなりつっこまれた感じでした)
中小ベンチャー企業は、まだこれからの会社です。その為、個々人の力は勿論、組織としての一体感を何より重視します。ですので、社長や役員などと価値観が一致するか、企業理念と同じベクトルの考え方を持っているか、そうした点が重みを持ってきます。自己分析はターニングポイントとなった出来事を振り返ることだけではなく、自分の人生全てを振り返るくらいが丁度良いと思います。最低でも中学時代から先は必須だと考えておきましょう。

以上となります。あくまでも基礎的な内容ですが、押さえておくだけで随分違うと思います。基本的なやり方は大手企業と変わりませんが、中小ベンチャー企業の場合、そのやり方を「より深く」行うイメージです。