面接で女性がスーツを着る際の注意点 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接で女性がスーツを着る際の注意点

面接で女性がスーツを着る際の注意点をお教えします。

面接のためにせっかく準備して行ったは良いものの、スーツへの注意が払われておらずに恥をかいたという方は多いのではないでしょうか。

ぜひ、今後の選考突破のためにも面接で女性がスーツを着る際の注意点を今のうちに確認しておきましょう。

女性が面接でスーツを着る時の注意点1,色やデザインはオーソドックスに

スカート

一般的な職業の面接では女性もスーツを着用することになります。

そして、スーツの色は黒や紺、グレーの色のものが無難ですが、オーソドックスな色のものであれば問題はありません。

~派手なストライプの柄・明るすぎる色は避けましょう~

面接では派手なストライプや明るすぎる色のものは避けるようにしましょう。

また、女性用スーツのボタンのデザインは1つボタンから3つボタンまでありますが、こちらは特に決まりはありません。

自分の好みで選ぶようにしましょう。

ただし、アパレルやデザイン関係のようなクリエイティブな職業を選択する場合はこの限りではありません。

自分のセンスを思う存分表現してスーツを選ぶようにして下さい。

しかし、このような一部の特殊な職業を除いては極力自分の個性を表現するのは避けるようにしましょう。

あくまで、地味にという事を意識しましょう。

女性が面接でスーツを着る時の注意点2,ボトムスはスカートが好ましい

ボトムスは一般的にはスカートの方が良いとされています。

しかし、パンツでもスカートでも特に問題はないでしょう。

パンツスーツの方が似合う女性は仕事が出来る印象を与える事が出来るので、パンツスーツを着るのもいいかもしれません。

~スカートの方が女性らしさが強調されるため!!パンツの場合には必ずベルトを締めること~

ただし、面接官の年齢が高齢の場合等は昔の就活のイメージからスカートの方が好まれるケースが多くなります。

特に受付や秘書等の女性らしさが求められる職業の面接に臨む場合はより女性らしさのでるスカートを着用するのが良いでしょう。

ただ、基本的にはどちらを選んでも問題はないので自分に似合うものを選ぶという考え方でよいでしょう。

また、パンツスーツでインナーをウエストインする場合には、インナーがパンツからはみ出るのを防ぐために、ベルトをつけるようにしましょう。

女性が面接でスーツを着る時の注意点3,サイズが第一印象を決める

girl-690614_1280

まずは、サイズのチェックです。

首の付け根から肩先までの生地が身体に沿い、背中にシワが出ないサイズがベストです。

試着したら、ある程度腕を動かして、きつくないかを確認するようにしましょう。

女性用のスーツのサイズは、ボタンを留めた際、前後にシワがよらないのがジャストサイズです。

~大きなサイズを選ぶとだらしない印象を与える場合が多い~

女性の場合、「身体のラインが出るのは恥ずかしい」と大き目のサイズを選んでしまいがちですが、だらしない印象を与えかねません。

面接でのスーツを着用した場合の見え方を確認するため、試着の際は、座った姿も確認するようにしましょう。

腰掛けた際にスカートのすそがひざ上10cmくらいの場所になるのがポイントです。

面接で着用するスーツですから、短すぎるのに問題があるのは言わずもがなですが、長すぎても足が短く見えてしまうので気をつけるようにしましょう。

面接使う女性のスーツ選びはサイズ感や色に注意すること

面接で女性のスーツ選びについてまとめました。

有名な法則に「メラビアンの法則」というものがあります。

「メラビアンの法則」によると話し手が利き手に与えるインパクトの5割以上が視覚、3割以上が聴覚、そして肝心の話の内容については7%位の影響力しかないという実験結果から生まれた法則です。

女性の就活生については適切なサイズのスカートやパンツスーツを選べるかどうかというのも重要な就活のポイントになります。

また、面接の対象となる企業に合わせたスーツの選択が出来るかどうかというのもポイントになります。

ただ、どんな服装を選ぶにしても最終的に似合っているかどうかという点が一番重要になります。

女性の就活生のみなさんは上記の内容を参考に自分に合ったスーツを選ぶようにして下さい。