学校推薦で就活を行う場合の注意点について | 新卒就活.com

2016/09/07更新

学校推薦で就活を行う場合の注意点について

就活を行う上で良く聞かれるのが学校推薦での就活はほぼ内定が決まったも同然という話です。
しかしこれは大きな間違いです。
学校推薦という学校からのお墨付きがあっても内定が確実というわけではありません。
学校推薦を利用する場合の注意点を考えましょう。

学校推薦とは何か??

woman-with-bible-814163_640
学校推薦での就活は自由応募での就活とは異なり、学校側が自分を企業に向けて良い人材だとアピールしてくれる就活だと言えます。
学校が後押ししているから学校推薦さえ貰えればあとは楽勝!と考えているのであればそれは間違いです。

●学校は推薦してくれるだけ!就職試験は自力でクリアする必要がある

実際には学校が推薦してくれているだけで、自分自身がきちんと試験をクリア出来なければ内定を勝ち取ることが出来ないと言えます。
この点は自由応募でも学校推薦でも大差はなく、違いがあるとすれば学校推薦のためほんの少しスタート地点が前から就活が出来ている程度だと考えたほうが良いと言えます。

その為学校推薦での就活が有利なのには変わりはありませんが、確実に内定がもらえるものではないと言うことを知っておかなければいけません。

学校推薦を利用する注意点1,内定辞退は不可能

学校推薦での就活は、自由応募よりも先んじて内定が決まる場合が多く、その後の就活を行う必要が無いと言えます。
その為学校推薦で就活を行い内定を貰ってしまえば後は滞りなく学業を終えて就職を待つだけとなるわけです。
しかしもし学校推薦で内定が決まった後に本当に進みたい業種、入りたい企業が見つかった場合、学校推薦の場合は内定辞退が出来ないと考えなければいけません。

身勝手な内定辞退は学校と企業との信頼関係を壊すことになる!後輩へも影響する可能性大

これは学校推薦と言うものは学校側と企業側の結びつきや信頼関係で成り立っているシステムのため、学校側が推薦して企業がそれを内定したにもかかわらず、個人の勝手な都合で内定辞退をしてしまうと学校と企業との信頼関係を壊すことになるためです。
要するに、自分の都合で学校推薦での内定を辞退してしまうと、その後の学校と企業との関係にヒビが入り、その後の学校推薦が無くなってしまう可能性もあると言えます。
そのため簡単な気持ちで学校推薦を使用することだけは避けなければいけません。

学校推薦を利用する注意点2,本命の企業にのみ利用する

学校推薦を就活で使用する場合の正しい使い方は、本命の企業に就職を希望しており、その企業に対して学校推薦が利用できる場合には率先して学校推薦を利用したほうが良いと言えます。
学校推薦が可能な企業の場合、学校と企業が密接な結びつきがある場合が多いため、自由応募で申し込むよりも学校推薦を利用したほうが自分にとっても学校にとってもwinwinな結果になる場合が多いと言えます。

●学校推薦はあくまでもサポート!しっかり自己アピールすることが重要

企業側も学校推薦で優秀な人材をいち早く確保できますので、企業にもwinな状態と言えます。
もちろん最終的に内定を勝ち取るのは自分自身の能力やスキルといったものですので、学校推薦はあくまでもサポートであり、自分が企業に対してしっかりとアピールすることが重要となると言えます。

学校推薦で就活を行っても内定が保障されているわけではない!事前の準備は万全に

学校推薦での就活は使い方を見誤らないことが重要だと言えます。
学校推薦を利用しても100パーセント内定を貰えるわけではありません。
あくまで学校は就活を後押ししてくれるだけで、実際の選考は自分で勝ち残らなければ内定にはたどり着くことは不可能でしょう。
もちろん自由応募での就活も重要ですので、自分の就活にとって学校推薦が大きなプラスになる場合のみ、学校に相談して学校推薦での就活を考えてみるとよいのではないでしょうか。