学校推薦で落ちる3つの理由とは | 新卒就活.com

2016/09/12更新

学校推薦で落ちる3つの理由とは

学校推薦で落ちる3つの理由とは何でしょうか。
学校推薦は、他を差をつけて入社のできる格好のツールです。しかし、それでも落ちてしまう人がいるのが現実。
今回は学校推薦で落ちる3つの理由をお教えします。学校推薦を受けようとしている人には格好のページです。

学校推薦で落ちる理由1、準備不足

06-55-20-299_640

これから就職活動を行う就活生の中には、学校推薦により企業の面接に臨む人も少なくありません。
しかし、学校推薦で何人ものOB・OGが就職に成功しているし大丈夫だとろうと高をくくってはいませんか?
そんな人は要注意!学校推薦でも落ちる確率は十分にあります。

よく高校や大学入試における推薦と同じように考えている人がいますが、実際は大きく異なります。

~安心感から準備を怠るとすぐに落とされるのが就職活動~

就職活動における学校推薦は、自由応募の就職活動となんら変わりないと考えた方がいいでしょう。
学校推薦で落ちる理由として一番多いのが、大丈夫だろうという安心感から準備を怠ることです。

志望動機や自己PR、様々な場面での準備が必要不可欠といえます。

学校推薦で落ちる理由2、緊張不足

学校推薦で落ちる理由その2は、行動に緊張感を持っていないことです。
学校推薦だからという安心感からくるものでしょうが、緊張感がない就活生は真面目さに欠けるという評価をされます。
人間は何かに対して真剣であればあるほど、それに対して緊張が増す生き物です。

~真剣さを感じさせれば企業側は真摯な姿勢だと高評価することもある~

そのため「緊張しすぎて上手く喋れなかった。でも内定がもらえた!」なんてことがあるのは、採用担当が就活生の企業に対する真剣さを感じたからです。
つまり緊張感がない=企業に対して親権じゃないという感じ取られ方をするので、緊張感がない人はたとえ学校推薦であろうと落ちる可能性が高くなります。

学校推薦で落ちる理由3、不慣れ

学校推薦で落ちる理由3は、面接慣れしていないことです。
学校推薦で面接を受ける就活生の特徴をして、自由応募での就職活動をしていない人がほとんどです。
学校推薦された企業がいきなり本番!なんて人が多いので、面接慣れしている人は少ないのです。

~面接慣れしてから本番に向かうこと~

例えば学校推薦だがたどたどしい面接となたAと、自由応募だが堂々とした姿勢で面接をこなしたのでは、
採用担当は明らかにBの就活生を採用したがるでしょう。
例え学校推薦を受けた就活生であっても、面接慣れをしていない場合は落ちる可能性が十分にあるといえます。”

学校推薦で落ちる人は緊張不足!面接招待状だと考えて準備をしっかり行おう

これまで学校推薦に落ちる理由をご紹介しまいたが、全てに共通して言えるのが学校推薦だから落ちることはないだろうという甘い考えです。
何度も言いますが、学校推薦だからといって必ず受かるわけではありません。
そのため学校推薦は、単なる面接招待状のようなものと思っておいた方がいいでしょう。
例え過去にいくらOB・OGがその企業に学校推薦で就職していたとしても、あなたも内定をもらえるという保証はどこにもないのです。
学校推薦をもらうことができたとしても、しっかりと準備を怠らず緊張感を持ち、時湯応募での就職活動も積極的に行い内定を勝ち取りましょう!