学校推薦の合格率を上げるために必要なこととは | 新卒就活.com

2016/09/06更新

学校推薦の合格率を上げるために必要なこととは

学校推薦の合格率を上げるために必要なことについてご紹介します。
学校推薦といえど、その合格率が100%ということはあり得ません。
油断していては落ちる可能性は十分にありえます。
ですから、しっかりとした準備と対策、そして採用を後押しする行動が重要となっていきます。

学校推薦の合格率はどれくらいなのか?

1024-cc-library010004106

就職活動の方法には、学校推薦で企業の採用試験を受けると言う方法も存在しています。
この学校推薦での合格率は、一般的な自由応募と比べるとはるかに高い合格率となります。

●学校推薦の合格率は比較的高い!

企業によって合格率は異なりますが、高い企業だと80%程度の合格率、低い企業でも60%程度の合格率となっていますので、かなりの高確率で学校推薦の場合は内定が決まると言えるでしょう。
しかし学校推薦といえども合格率が100%になることはまずありませんから、合格率を上げるために出来ることを考え、更に自分自身で内定をもらいやすくする努力が必要となってきます。

学校推薦の合格率を上げる方法1,インターンシップに参加する

学校推薦での合格率を上げるために必要なことは、その企業の実施しているインターンシップへ参加をすることです。
インターンシップへの参加と学校推薦はまるで関係ないように見えますが、企業側はインターンシップに参加していた参加者は把握していますので、学校推薦でその企業の採用試験を受ける時には、インターンシップにも参加していた人だとすぐにわかるようになっています。

●企業側はインターンシップの参加者を覚えている!

インターンシップへの参加はその企業へ興味があり、その企業のことをもっと知りたい、身を持って体験、実習がしたいという意欲を持っている人ですから、その意欲が学校推薦時にも生きてきて合格率を上げる手助けになります。

学校推薦の合格率を上げる方法2,事前面談で好印象を与える

学校推薦で採用試験や面接を受ける場合、ほとんどの場合は事前面談が行われることになります。
この事前面談は非公式に行われるため直接的には学校推薦での試験には関係ないと思いがちですが、実は事前面談は本番の面接や試験の前に学校から推薦された人材を確認に来て、その時点でどのような人材なのかを判別する意味があります。

●企業側には事前面談で学校から推薦された人材を確認する目的がある

つまり事前面談は合格率を上げるためには非常に重要な面談だと言えます。
逆に言えばこの面談で悪い印象を与えてしまうと、学校推薦といえども合格率が下がることにも繋がるため、事前面談での受け答えや与える印象がその後の面接などにも多大な影響を与えると考えたほうが良いでしょう。

学校推薦の合格率は比較的に高い!正し油断せずに事前準備を欠かさずに行うこと!!

学校推薦での合格率は高いと言われていますが、学校推薦はあくまでも学校が後押ししてくれているだけですので、その先の合格率を決めるのは自分自身の力にかかっていると言っても過言ではないでしょう。
手を抜けば学校推薦でも不採用になりますし、逆に手を抜かず出来ることを全て企業側に見せアピールすれば合格率が低い企業でも採用が決まる確率が高くなると言えます。
中には学校推薦での合格率が20%程度という学校推薦の意味を成さない企業もありますが、そのような場合でも自分自身をしっかりアピールできれば、合格率はアップさせることが出来ると言えるでしょう。最終的に必要なには自分自身の力だと言うことを肝に銘じておきましょう。