学校推薦の概要と役割について | 新卒就活.com

2016/09/07更新

学校推薦の概要と役割について

就活をする際に、大手企業や有名企業が学生を採用するのに「学校推薦」というシステムがあります。
学校推薦さえ受けられれば絶対に第一志望の企業に合格できると思われがちですが、そうはいかないのが現実です。
学校推薦とはどのようなものでしょうか。

学校推薦の目的とは??

team-386673_640

就活の時期になると、人気の大手企業には応募が殺到します。
企業側としても企業説明会の定員以上に就活生が応募してしまうと、抽選などをしてふるいにかける必要があり、非常に手間がかかります。
そこで今まで採用した中で優秀だった学生の卒業校から何人か枠を絞って募集することで、最低限でも優秀な学生を確保しておこうと考えるのです。

●学校推薦は企業の保険!内定を受けた際には事態することは不可能

学校推薦とはその企業を第一志望にする学生の中から、より成績優秀で出席率の良い学生を学校から選出して貰うシステムです。
その企業を第一志望としていることから、内定を受けた際には内定辞退をすることはできません。
学校推薦とは企業の保険であり、足りない人材は一般募集の中から選ぶことになります。

学校推薦の効力とは??

学校推薦とは、学校からお墨付きを貰って第一志望の企業の面接を有利に受けることができるものです。
しかし学校推薦を貰えば絶対に合格する訳ではありません。
学校推薦を受けても面接で落ちる可能性はあるのです。
企業はより優秀な人材を採用したいと考えています、学校推薦とは成績が優秀で入社意欲がある就活生が受けられるものですが、企業にとって必要な人材であるとは限らないのです。

●学校推薦は絶対ではない!成績が優秀でも企業が欲しい人材とは限らない

学校側から一方的に「優秀な生徒です」と言われているだけであり、自己分析が甘かったり志望動機が曖昧だったりすると、面接で不合格になる可能性も充分にあります。
学校推薦を貰ったからと安心して就活を甘く見ていると、あっという間に不合格になります。

学校推薦の意味とは??

新卒として入社しても、やっぱり自分には合わなかったと辞めてしまう人も多くいます。
しかし学校推薦で入社した人は、入社後も学校の看板を背負っていることになります。
学校推薦とは、中々面接まで進めないような大手企業が学校との信頼関係により応募枠を割いてくれているものです。
学校としても大手企業に入社した実績があるとステイタスになり、翌年以降の入学希望者が増えることに繋がります。

●入社後も学校の看板を背負い続けることになる!早期退職は後輩にも影響する

入社してすぐに辞めてしまうことで企業からの信頼を失ってしまい、翌年以降の推薦枠を取り消されてしまうことは避けなければなりません。
そこで学校推薦を受けて採用された就活生に対しては「5年は辞めないこと」と念を押す学校もあるのです。
学校推薦とは入社後も大学の看板を背負って仕事をする様になるものであると言えましょう。

学校推薦とは、面接までは有利となりますが絶対的なものではありません。
他の就活生と同じ様にしっかりと面接対策を立てておきましょう。
そしてどんなに「第一志望です」と面接で言っても、他の企業にも応募しておくことが大切です。