学校推薦状を活用するメリット・デメリットについて | 新卒就活.com

2016/09/15更新

学校推薦状を活用するメリット・デメリットについて

学校推薦状を活用するメリット・デメリットを紹介します。
就職活動を行なうことは非常に大変で、基本的には自由応募で自分の目指す企業にエントリーをして採用試験を受けることになるわけですが、それ以外にも学校推薦状を使用した就活というものが存在しています。

学校推薦状とは??

still-life-851328_640

まず学校推薦状とは何かということを知る必要がありますが、学校推薦状とは企業に人材の推薦をお願いされた学校が発行する推薦状で、学校推薦状での就活は学校のお墨付きを貰った状態での就活ということになります。
特に理系の学生はこの学校推薦状での就活を行なう場合が多く、理系の学校に対して理系の企業が優秀な人材を欲するため学校推薦状での推薦をお願いするケースが多いといえます。

~学校のお墨付き!企業も安心して推薦された優秀な学生を雇用できる~

そのため学校推薦状は学校と企業側が深く結びついている証でもあり、それを利用することにより就活がスムーズに行なえるとも考えられるわけです。
学校推薦状は学校が自信を持って推薦する人材に対し発行するので、企業側も安心して推薦された学生を雇い入れることが出来るともいえます。

学校推薦状を使用するメリット

では学生が学校推薦状を使用して就活を行なうことのメリットとは何でしょうか。
これは学校推薦状を使用することにより自由応募での就活よりも遥かに高い内定が約束されるということです。
基本的によほど大きな問題を起こさない限り、学校推薦状出の就活はほぼ内定が出るといわれています。
確実に内定を貰いたい場合には学校推薦状の効果は非常に大きなものがあるといえます。

~自由応募での就活よりも内定獲得率が高い!~

基本的には学校側が企業に対して推薦に値すると認めた人に対してのみ学校推薦状は発行されますので、推薦を貰った人はそれなりの成績を収めていることが必須の条件となります。
あとは企業との面接試験で態度が悪い、企業側の考えと相容れないといった問題が無ければ内定を貰うことができるのが学校推薦状の効力だといえます。

学校推薦状を使用するデメリット

学校推薦状には大きなメリットがありますが、反対に大きなデメリットも存在しています。
それが学校推薦状での就活は内定辞退が出来ないという点です。
これは学校推薦状は企業にお願いされた学校側が優秀な学生に対し発行するため、企業と学校との結びつきが非常に重要になるといえます。
そのため学校推薦状で試験を受け内定を貰えた後に内定辞退をしてしまうと、学校側の推薦というものを無視し学校の顔に泥を塗ったということになります。

~内定辞退が不可能になる!入社後も学校の名を背負うことになる~

企業側に対しても推薦で内定を貰ったのにもかかわらずそれを辞退するということは、企業に対して非常に無礼な行いをするということになります。
そしてそれは企業と学校の結びつきを壊すことに繋がるため、自分が内定辞退をしたことでそれ以降企業が推薦を求めなくなるということも考えられるわけです。
要するに学校推薦状での就活は学校の名前を背負って就活を行うというということですので、自分の自由には出来ない場合が多いとも言えるでしょう。

学校推薦状を利用した就活は内定辞退が不可能!学校の名を背負う責任の重さを知ろう

このように学校推薦状での就活にはメリット・デメリット両方があります。

メリットとしては、自由応募に比べて内定獲得率が高くなる。
デメリットとしては、内定辞退ができない・入社後も学校の名を背負っていくことになる。

ですから学校推薦は気軽に利用できるものでもありませんし、背負うことになる責任も非常に重いものとなります。
その点を理解した上での学校推薦状での就活を行なう必要があるといえるでしょう。