学生が知っておくべき採用基準のポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

学生が知っておくべき採用基準のポイント

学生は、たとえば強い志望動機が言えれば合格とか、採用基準を少し勘違いしているところがあります。
そこでここでは、学生が知っておくべき本当の採用基準について説明いたします。
これらを知り、より戦略的に就職活動を進めていってください。

学生が知っておくべき採用基準のポイント1,働く姿がイメージできるか

cc-library010010719

学生が知っておくべき本当の採用基準としてまず最初に紹介するのが、働く姿がイメージできるかどうかという採用基準です。
だれかの部下にしたらいい働きをしそうとか、どこどこの部署ならすごくハマりそう、とか、具体的に働くイメージが出来ない方は、採用活動においてはあまり魅力的には見えないのです。

ですから、学生は就活では、働く姿をイメージさせる必要があります。

~具体的にどこの部署でどんな力が活かせるかを話すこと~

具体的にどこかの部署で活かせる能力を、「○○という部署で○○の能力を活かしたい」とアピールしたりすると働くイメージをもってもらえることでしょう。
ですから面接やエントリーシート提出前に、自分がいきたい部署の仕事内容や、そこで役に立つ能力などを、時間をかけて調べておくと良いですね。

するとかなり効果的にアピールできるはずです。

学生が知っておくべき採用基準のポイント2,コミュニケーション

学生が知っておくべき本当の採用基準として次に紹介するのは、自然なコミュニケーションが出来るかどうかという採用基準です。
社会人にとってコミュニケーション能力というのはすごく大切ですから、そこを採用基準にしているのでしょう。用意した回答がどれだけ完璧でも、自然なコミュニケーションが出来ないのであれば、評価はすごく悪くなることでしょう。

~面接では回答を用意するだけでなく会話をすること~

自然なコミュニケーション能力は、答えに詰まるような質問に「少々お時間頂いてもよろしいですか?」と告げてみたり、「帰り際にたくさんの面接でお疲れの中、お時間を頂きありがとうございました。」と会話に繋がりそうな言葉を発したりするとアピールできます。
面接とは会話です。回答を用意することも確かに大切ですが、会話することの方がさらに大切です。
学生の方は、そのことを忘れないようにしてください。

学生が知っておくべき採用基準のポイント3,将来のビジョンが見えているかどうか

学生が知っておくべき本当の採用基準として最後に紹介するのが、将来のビジョンが見えているかどうかという採用基準です。
能力が高い学生なんて、所詮は学生の中で能力が高いというだけで、たかが知れています。ですから、企業側が本当に欲しいのは現時点で能力がある人ではなく、将来ののびしろがみえる人です。
では、どういう人が将来のノビしろがみえるのかというと、それはやはり将来のビジョンがはっきり見えている人です。

~将来のビジョンが見えていれば成長が期待できると評価される~

将来こんなことがしたいという強い思いがあれば、そこに向けて行動していくことができるので、成長も期待できますよね。
そういうことがあるので、企業側は学生の採用基準として、将来のビジョンが見えているかどうかという基準を置いているのです。学生の方は3年後5年後10年後と具体的にビジョンを描いておきましょう。

学生が知っておくべき採用基準のポイントとは働く姿がイメージできるかどうか

学生が知っておくべき就活での採用基準のご紹介でした。
働く姿がイメージできているだけでなく、コミュニケーションや将来のビジョンの明確化についてもしっかりと押さえておきましょう。
これらの本当の採用基準をクリアできるようにしておけば、グッと内定も近づいてくるでしょう。的確にこれらの点でアピールして、高評価を与えていってください。