学生がインターンシップに参加した時に得るメリット3選と重要性 | 新卒就活.com

2016/09/07更新

学生がインターンシップに参加した時に得るメリット3選と重要性

学生にとってのインターンシップの重要性についてご紹介します。
学生がインターンシップに参加するは、就職活動をするうえでとても重要になってきます。
なぜならインターンシップに参加する学生は、本番前に就職活動をと同じことをしていたのです。studying-951818_640
ですから就職に関する情報も、知識も、参加していない学生よりも優れています。

インターンシップに参加するメリット1,詳しい情報を知る

学生がインターンシップに参加することの意味と意義は大きく分けて2つあると言えます。
これはインターンシップの種類にもよりますが、まず学生がインターンシップに参加することにより、企業のことをより詳しく知ることが出来ると言えます。

●会社説明会式のインターンシップに参加することで企業の情報を肌で感じることが可能!

これは会社説明会式のインターンシップに参加した場合で、インターンシップに参加することにより企業に関してさらに詳しい情報を得ることが可能になります。求人やHPなどで企業のことを知るだけでは基本的には情報が圧倒的に不足していると言えます。
その為説明会形式のインターンシップに参加することで、企業がどのような業種でどういった仕事をしているのかという情報を肌で感じ取ることが出来ると言えます。

インターンシップに参加するメリット2,自分の力量を知る

学生がインターンシップに参加すると、特に長期のインターンシップの場合は自分自身の実力や能力が現在どれくらいなのか、企業での仕事に自分が通用するのかを測ることにも繋がります。
長期インターンシップの場合、企業側も学生の能力を判断するために重要な場だと位置づけていますから、学生はインターンシップで良い成績を残すことが出来れば内定への近道にもなる可能性があるわけです。

●自分自身に足りないものを知り次へ活かすことができる!

もし良い成績が残せなかったとしても、自分自身に何が足りていないのかを身を持って知ることが出来るわけです。
参加しないと分からないことも沢山学ぶことができます。
ですから自分を成長させることに繋がるのがインターンシップだと言えます。
参加しないよりは参加するほうが確実にステップアップできると言えるでしょう。

インターンシップに参加するメリット3,仕事の厳しさを知る

学生がインターンシップに参加した場合、特に長期のインターンシップではその仕事の厳しさなども身を持って知ることが出来ると言えます。
インターンシップの場合、アルバイトのように与えられた仕事だけこなしていればよいわけではありません。
仕事=自分で考えて動くということが基本となります。

●受け身の姿勢は社会では通用しない!自発的に行動する癖がつく

そのため、他の社員との連携やコミュニケーションも重要となりますし、何もわからないままでは与えられた仕事すら満足に出来ないと言う状況を自分自身で作り上げてしまうことになるわけです。
その為学生がインターンシップに参加した場合、自分の考えの甘さや仕事の厳しさを痛感する場合が多く、就活に対する考え方も大きく変化する場合が多いと言えます。

学生がインターンシップに参加することは就活に対する考え方を改めるチャンス!

学生がインターンシップに参加することは、就活に対する考え方を変えるチャンスだとも言えます。
その為インターンシップへの参加は必要不可欠だといえますし、インターンシップは一早く企業へアピールするチャンスともなります。
チャンスを逃さないようにインターンシップの情報をチェックするようにしましょう。
参加して初めて分かることが非常に多いのがインターンシップですから、率先して参加するほうが自分自身を鍛えるためにも良いと言えるでしょう。