実は重要!グループディスカッション開始前の自己紹介 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

実は重要!グループディスカッション開始前の自己紹介

グループディスカッションの冒頭には、大体自己紹介があります。無難に氏名を言って「よろしくお願いします」と結んで終わる学生が多いかと思いますが、実はこの自己紹介、意外と重要なポイントになっています。今回は、グループディスカッションの自己紹介について簡単にお伝えします。

1. 自己紹介は面接官への第一印象でもある

自己紹介はディスカッションのメンバーへ向かって行うものですが、選考を担当する面接官へ向けた最初のアピールでもあります。よって、これが面接官が就活生に対して抱く第一印象となります。ですので、単に名前を言って「宜しくお願いします」では、周囲と差別化できません。

2. ディスカッションへの意気込みを語ろう

良い意味で面接官の印象に残る為にも、一言ディスカッションへの意気込みくらいは述べておきたいところです。たとえば「◯◯と申します。少し緊張してますが、精一杯頑張りますので、宜しくお願いします!」といった感じです。
単に「名前+宜しくお願いします」が続くと、場が淡々と流れるので、雰囲気もどことなく暗くなりがちです。そのまま自己紹介が終わると、大抵全員が沈黙して、ぎこちない空気が流れます。そのままディスカッションを始めても、発言しやすい雰囲気ではありませんから、あまり議論も活性化しません。最悪、黙っている時間の方が長いという事態にもなりかねません。
こうなると、自分が色々と発言しても通過できる可能性は低いです。なぜなら、ディスカッションで見られているのは、何よりもまずコミュニケーション能力と協調性など対人的な素質です。議論が活発に行われていなければ、それらは当然見えません。

3. 他に意識しておきたいこと

場の雰囲気を決定づける最初の自己紹介は、明るく元気に自分らしく、いきましょう。その上で意識しておきたい点を幾つか挙げておきます。


笑顔で自己紹介
当然ですが、仏頂面で挨拶されても場の雰囲気は和みません。
大きな声で、はきはきと自己紹介
これも当然のことですが、緊張からか恥ずかしいのか、意外と出来ていない就活生も多いように思います。
全員の顔を見て自己紹介
正面の就活生だけをじっと見て自己紹介をする就活生がいますが、マナーとしてNGです。ちゃんと全員に向かって自己紹介しましょう。
自己PRはしない
勘違いして自己PRを始める就活生もいますが、ディスカッションの自己紹介は議論する上で互いを知る必要があるだけです。いわゆるKYですので、止めましょう。
役割アピールはしない
自己紹介に加えて「リーダーシップには自信があります!」などと言って、こっそり役割を任せて欲しいといった雰囲気を作るのは止めましょう。仮に自分で立候補しようと思っていた就活生が他にいた場合、抜け駆けされたようで空気が悪くなりかねません。

以上となります。
一件些細なものに見える自己紹介ですが、その後の議論の雰囲気(ひいては選考結果)を決定づけるという意味では非常に重要です。