封筒にエントリーシート在中と書く意味とは | 新卒就活.com

2016/09/06更新

封筒にエントリーシート在中と書く意味とは

郵送する際にエントリーシート在中と書く意味についてご存知でしょうか?
エントリーシートをWebで提出できてしまうこの時代ですが、まだまだ紙のエントリーシートを郵送するのが主流なのではないでしょうか?
郵送する際にエントリーシート在中と書く意味についてご紹介します。

エントリーシート在中と書く意味とは??

sharpener-769072_640

まずエントリーシートを郵送で送る際になぜエントリーシート在中と書かなければならないのかというところから紹介していきたいと思います。
エントリーシートをエントリーシート在中と封筒に書かないで送る場合、郵送する側も特別注意することはありません。
内容物が分からないのですからそれは仕方ないでしょう。
すると、最悪折れ曲がったりするかもしれません。
それは中身が重要であることを知らせなかったあなた側のミスでもあるのです。

●事故を防ぐためにもエントリーシートだと認識させる!

また受け取り手にも大切に扱ってもらえない可能性が出てきますし、なにも書かれていないと中身を見ないと何が入っているかわからず面倒です。
ただ自分が不幸を被るだけでなく、相手に対して失礼にもなりますので、きちんとエントリーシート在中と封筒に記載して、分かりやすくしないとならないのです。

エントリーシート在中の書き方1,記載する場所に注意!

そんなエントリーシート在中という文字ですが、どこに書いても良いというわけではありません。
書く際には書く際のルールが存在しています。そのルールの一つが、エントリーシート在中という文字は、封筒の表の左下に書くということです。

●封筒の左下に書くのがビジネスルール!

配達側も受け手側もそういうルールがあることを知っているので、左下以外にエントリーシート在中という文字を書いても見てもらえない可能性が出てきます。
そういうルールになっているのですから、左下に書いてなかったらわざわざどこかに書いていないかなと探すということもないでしょう。
すると書いてあるのに書いてないのと同じことになりますよね。
ですからこの注意はきちんと守らないとならないのです。

エントリーシート在中の書き方2,赤いペンで記載すること!

エントリーシート在中と記載する際のもう一つの注意点が、エントリーシート在中という文字は、赤いペンで記載するようにするということです。
これもルールになっているので、黒いペンでは書かないにしましょう。
というのも、封筒には住所や相手の名前などたくさんの文字が黒い文字で書いてありますよね。
ですから、黒いペンで左下にエントリーシート在中と書いても気づいてもらえない可能性が出てくるのです。

●黒ペンはNG!目立つ赤色のペンで書くのがビジネスマナー

疲れていたりしたら、目立たない色で記載されていたらうっかり見落としてしまう可能性もありますよね。
ですから、そういうルールがあるのです。このルールを知らないで黒ペンで記載すると、マナーのなっていない人物と思われるかもしれませんので、注意が必要です。

エントリーシート在中を書く際は赤ペンで封筒の左下に記載すること!

以上、郵送時にエントリーシート在中と記載する意味と注意点のご紹介でした。
エントリーシート在中という文字を書くことにもきちんと意味があり、意外に重要なものであるということはお分かりいただけましたでしょうか。

ここまで紹介してきた注意点をしっかりまもり、悪い印象を与えないようにしていきましょう。
エントリーシート郵送の段階からもう勝負は始まっていると思った方が良いです。
ちょっとしたことの差で勝負がついてしまうのが就職活動です。
きちんと注意を守るようにしないと、この郵送時のマナーの差で落とされてしまうことにあるかもしれません。