専門学校生の就活における自己PR方法とは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

専門学校生の就活における自己PR方法とは

専門学校生の就活における自己PR方法とは何でしょうか。
専門学校生はどのように就職活動をするのが良いでしょうか。今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、専門学校生の就活における自己PR方法についてお教えします。
ぜひ、就職活動を勧める方は自己PR法を押さえましょう。

専門学校というアドバンテージを生かす!!

student-849825_1280

就職活動を行なうのは大学生や高校生ばかりではなく、専門学校生も同時期に就職活動を行なっています。
専門学校生の場合、大学生などとは違い専門知識、技術といった他の学生には無い大きなアドバンテージがあるといっても良いでしょう。
そのため履歴書に書く自己PRや面接での自己PRには、専門学校生であるということを存分にアピールする法が良いといえます。せっかくの自分の技術などをアピールしないのでは専門学校に行っている意味がありませんし、その専門的な知識などは武器として使用するほうが就活には確実に有利だといえます。

~専門の知識が生かせる企業を選ぶ~
専門学校生であることを自己PRする場合、その専門知識などが生かせる業種を選ぶ必要があります。
おそらく専門学校に通っている以上はその専門学校に関係した道へ進むことは間違いないでしょうが、仮にたの業種に進んでしまうとせっかくの専門学校で学んだ知識、身につけた技術が全く生かされないということにもなります。
そのためいくら自己PRで専門的な知識や技術をアピールしても全く意味が無いということになりますから、その点はしっかりと考えて専門学校であることが生かせる企業へ進むことを考えなければいけないといえるでしょう。

専門学校生は選択肢が狭いということも意識!!

専門学校生の場合、専門学校で習った技術や知識が生かせる業種であれば、大学生などに比べると確実に自己PRできるポイントが多く、アドバンテージもあるといえます。
しかし逆に考えればその業種しか就活で選べない、選ばなくては意味が無いということにもなりますし、他の就活生も専門学校生が大半を占めていると考えてほぼ間違いないといえます。

~自分の長所・性格をいかに企業へアピールできるかが重要!!~

そのため特に美容師や看護師といった免許が必要となる業種の場合、自己PRで専門知識な技術はそれほどアドバンテージににはなりませんので注意が必要です。
そうなると自分の長所や性格などをいかに上手く企業へアピールできるかが重要となりますので、特殊な専門学校の場合には自己PR方法も考える必要があるでしょう。

専門学校生は専門職=プロだという意識をもつこと

専門学校生が自己PRを行なう場合、何に重点を置いて自己PRするかが重要となります。
そのため専門学校を卒業するということをどのように捉えるかが重要となります。専門学校は専門的な知識や技術を身につける学校のため、その学校を卒業した人はある意味一般人よりもその道のプロに近い存在といえます。

~まだまだ未熟ですがは言わないこと!!~

そのため専門学校を卒業して就職する先はその道のプロであるという認識を持つ必要があるわけです。
そのため自己PR内で実際には確かに未熟だと思いますが「まだまだ未熟ですが」などという言葉を使用するのはプロ意識が欠けていると判断される恐れがありますので、「専門学校で学んだ技術を生かせるように」と言い換えることも自己PRには必要だといえます。

専門学校生の就活における自己PR方法はプロ意識を忘れないこと

専門学校生の就活における自己PR方法とは専門学校生というアドバンテージを活かして、プロであることを自覚して進めましょう。

まだまだ未熟ですが、というセリフはその際には不要です。専門の知識が活かせる企業を選んで、積極的にアピールしていきましょうね。