将来の仕事を決める面接での服装について | 新卒就活.com

2015/10/30更新

将来の仕事を決める面接での服装について

将来の仕事を決める面接での服装についてご紹介します。
就職活動においての採用試験で、面接は自分自身の将来の仕事を決める非常に重要なものだと言えます。
そのため面接に臨む際の服装にも注意が必要で、服装の印象だけで面接が失敗するというケースも少ないくないと言えます。

仕事を決める面接の服装について

tie-642063_640

将来の仕事が決まるかもしれない企業の採用面接において、面接での服装は第一印象を決めてしまうためとても重要な意味を持つと言えます。
仮に仕事のスキルが高く能力もあり、人とのコミュニケーションも問題ないとしても、面接にTシャツにジーンズといった格好で現れた場合果たして企業はその人を採用するでしょうか。

~企業が求めているのは規律を守りビジネスマナーを実践できる人材~

逆に能力は板って平均的で特に突出した物がない人でも、面接に清潔感溢れるスーツで現れた場合は、確実に後者の平均的な能力の人を採用すると言えるで
しょう。それほど面接での印象は重要だと言え、自分に自信があるから服装は特に問題ないと考えているようだと面接で確実に落とされることになると言えます。
企業が求めているのは規律を守りビジネスマナーを実践できる人材ですので、そういった意味でも面接での服装はその後の仕事にも繋がると言えますので決して軽視してはいけないものだと言えます。

仕事を決める面接で失敗しない服装とは?

企業の面接を受ける際に失敗しない服装とは果たしてどのような服装なのでしょうか。
これはズバリ「スーツ」での面接が最も失敗しない服装と言え、基本的なリクルートスーツで臨むのが最も印象が良くなると言えます。
これは男女ともにいえることで、面接で必要なのは新社会人となるにふさわしい清潔な服装であって、無駄に目立つ服装というものは企業は敬遠してしまう傾向にあります。

~清潔感のある地味な服装がベスト~

そのため、面接で目立つ必要はなく、むしろ目立つ服装というのは異端として見られることも少なくないと言えますから、目立つのは自分の能力やスキルを目立たせ服装は企業の好むビジネスマナーに則ったものをチョイスするのが面接で失敗しない服装と言えます。
実際に社会人になった時のことを考えれば分かると言えますが、会社勤めのサラリーマンやOLで目立つ服装の人はいないと言えますし、目立つ服装や会社に似つかわしくない服装はビジネスシーンでも敬遠されますので、面接においても同じことが言えるでしょう。

仕事を決める面接の服装は業種によって変えるべき?

仕事によっては普段スーツなどを着用しない仕事というものも少なくないでしょう。
例えば工場であれば作業着での仕事となりますし美容師などはスーツではなくTシャツにジーンズといった格好での仕事の場合が多いと言えます。
IT企業などもスーツ着用を義務付けていない場合がありますので、そのような企業の面接を受ける際には服装を変えるほうが良いのでしょうか。

~スーツやジャケットが無難!ラフな格好はNG!~

中には面接の服装は何でも良いと言う企業もありますが、やはり面接を受ける際は仕事中の格好に関わらず、相手に対して嫌な感じを与えないスーツやジャケットといった印象の悪くならないものが効果的だと言えます。
就職した場合にはその仕事に合わせた服装で働くのは問題ないと言えますが、面接の時点ではまだ就職しているわけではありませんし、今から就職を目指す企業の面接にラフな格好で参加すると言うのは非常に失礼に当たるとも言えます。
第一印象を良くする意味でもスーツなどきちんとした格好で、身だしなみや靴などにも気を配り面接参加を行うほうが良いでしょう。

仕事と面接での服装は全く別物だと考えることが重要!リクルートスーツが無難

以上将来の仕事を決める面接での服装についてご紹介していきました。
面接での服装と仕事での服装はまったく別ものだと考える必要があります。
企業側も面接を非常に重要視していますのでその大事な場に似つかわしくない格好で参加するのは間違いだと言えます。
そのため、学生気分を払拭して社会人になると言う気持ちで服装を選ぶことが重要だと言えます。