就活での大学名による差別を乗り越える方法 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

就活での大学名による差別を乗り越える方法

大学名による就活の差別を乗り越える方法についてご紹介します。
企業は常に利益を生み出し続けなければない存在であり、そこで働く人材を選んでいかなければ、いずれ破綻してしまいます。
その人材を選ぶ手段として学歴はそのひとの能力を判断する上で欠かせないポイントなのです。

大学名に代わる何かの実績をアピールする

1024-cc-library010003029

なぜ就活では大学名による差別が起こるのかということを考えてみると、大学名による差別を乗り越える方法が浮かんでくると思います。
就活での大学名による差別は、大学名を見ることでそこまでその人が勉強を頑張ってきたという実績を評価するために起こることです。
では乗り越えるにはどうすれば良いでしょう。答えは簡単で、大学名に代わる実績をアピールすればよいのです。

~勉強以外で頑張ってきたことをアピールする!~

英語を話せるように努力したとか、スポーツでこんな成績を残したとか、そういう勉強の実績以外に何かを頑張ってきた実績があれば、大学名による差別はあっさり乗り越えることができます。
自分なりに頑張ってきたこと、実績をアピールできることを探してみてください。それが突破口になるでしょう。

その大学を選んだ理由を明確にする

何故その大学を選んだのかということがわかれば、それも一つの就活での大学名による差別の突破口となるでしょう。
単にその大学にしか入れなかったというのではなく、「その大学にしかないこれを学びたかったからその大学に入った」というと、意思や目的をはっきりさせることの人物と思われ、それは実績に代わる何かとなることがあります。

~入学した目的や意思を明確にすると共に継続性をアピールする!~

ただし、その大学できちんと当初の目的を果たし、今もきちんとそれを学んでいるということをアピールしないとちょっと弱くなるので注意です。
目的や意思をもって入っても、継続性がないと思われたらそれは就活では逆効果になります。
そう思われないように気を付けましょう。

大学名に左右されない筆記試験で高い点数を記録する

筆記試験で高い点数を記録し、大学名以外のところで勉強を頑張ってきたという実績をアピールすることができれば、就活での大学名による差別は乗り越えることができるでしょう。
ただし、相手は本当にきちんと勉強を頑張ってきた方たちですから、その人たちを超えるためにはかなり時間をかけて勉強しないと厳しくなるでしょう。

~毎日の積み重ねが結果を生む!地道な努力が必要~

そのためにしっかり時間を割いたり、かなり早くから対策を始めたりしていかないとなりません。
筆記試験の難易度自体はあまり高くないですから、きちんと時間をかければきっと良い点数は取れるようになります。
就活での大学名差別を乗り越えようとおもったら、今までの努力の差を埋めるような努力をすることも大切です。

大学名とは過去の実績を数値化したもの!努力の差を埋めるには尽力あるのみ!

以上、就活での大学名による差別を乗り越える方法のご紹介でした。
きちんと大学名以外のところでアピールすることができれば、就活での大学名による差別を乗り越えるのは難しい話ではありません。
別に企業側としても差別したくてしているわけではありません。
純粋に今までの実績から見える能力を数値化していたら結果的に差別となってしまったというだけです。
そうすることでしかあったことのない人物を比べるのは難しいですから、それは仕方がないことですよね。
ですから、「なんで大学名で差別するんだ!」と憤らずに、大学名のかわりにアピールできることを用意して、勝負していきましょう。