就活の救世主!自己分析シートを使用した際のメリットと書き方の注意点 | 新卒就活.com

2016/09/07更新

就活の救世主!自己分析シートを使用した際のメリットと書き方の注意点

就活が始まる前には終わらせておきたいものに、「自己分析」があります。しかし、なかなかこれをしっかりできている就活生は見受けられません。自己分析で躓いてしまうと、その後の選考にも影響を及ぼします。では
どうしたら、完璧にできるようになるのでしょうか。
そこで就活生の救世主になるのが、「自己分析シート」です。これは、設問があるのでそれにこたえていけば、
自ずと自己分析が完了します。
今回は、この自己分析シートの使い方とメリットをご紹介します。

就活で重要な自己分析シート

ladybug-796483_640
就活を行う上で、企業での選考に臨むためにはまず自分自身のことをもっとよく理解する必要があります。
自分自身ではわかっているつもりでも、自分目線と第三者目線では意外と違うものです。たとえば、長所だと思っていた部分が周りには短所として受け取られている場合もあります。この現象が就活中にも起きないようにするために自己分析シートを活用する方法が良いといわれています。

自己分析シートとは自分自身を振りかけるツール

自己分析シートは、特にいざ自己分析をやろうとしてもどうすればよいか分からない人におすすめです。主に就活応援サイトなどに用意されているので簡単に手に入りますので、活用しやすいです。

自己分析シートがなぜオススメなのかというと、性格診断や適用診断といった問題が用意されているためです。この設問に答えていくだけで、自己分析が完了できます。
そのため、何をすればいいか分からず時間だけが浪費されてしまっている人にとっては、やってみる価値があるのです。

自己分析シート①:性格診断

dart-board-933118_1920

就活で自己分析シートを使用すると、自分では気づかなかった自分自身の姿が浮かび上がってきます。
まず性格診断の自己分析シートを使用すると、長所や短所といった部分が刻銘にわかるようになります。

客観的な視点から見た自分の長所と短所がわかる

この長所や短所は就活での面接などで必ずといっていいほど聞かれますし、エントリーシートなどにも記入する場合があります。そのため、性格診断で自分の長所と短所を把握しておくことはとても大切なことだといえます。

長所がどのように企業に役に立つのか考える

もちろん長所・短所をどういう風に活かすのか、その長所・短所がその企業でどのように役立つのかといったことも考えておくと面接で困ることが無いでしょう。

自己分析シート②適応診断

autumn-1033693_1920

就活で自己分析シートを使用することで適応力も分析することができます。
この適応力は自分が就活で目指している企業に、自分自身が向いているかどうかを判断するために、非常に重要なポイントとなります。

自分に見合った職業を探すことができる

仕事には向き不向きというものがあり、自分がやりたくても適応力が無いと判断されれば、企業側はまず採用しません。それほど適応力は重要なものですし、企業側も適応力の無い人材は入社させても企業の業績が伸びないことはよく熟知しています。

ミスマッチを防いで転職防止になる

自己分析シートで自分はどんな職業に向いているのか、どういったことに適応できるのかを知る必要があるといえます。ミスマッチを防ぐことは、企業はもちろんですが就活生にとってもメリットです。転職を繰り返す必要がないように、しっかり向き不向きは判断しましょう。

自己分析シートを記入する注意点

slip-up-709045_1920

自己分析は、ただ設問に答えていけばいいわけではありません。書き方が重要になってきます。では、自己分析シートを無駄にしないためにすべきことは何なのでしょうか。

具体的に書く

自己分析シートの書き方のポイントは、具体的に書くことです。就活の初期は、抽象的にしか書けない人もいますが、それでは面接官の心をつかむことは厳しいです。
時間の無駄にしないためにも、具体的書きましょう。

つまづいたら周囲の人に助言を仰ぐ

自己分析シートは、ほとんどの人が迷いながら書きます。そのため、手が止まることもしばしばあります。そんな時は、無理に考え込まずに、周囲の人に助言を仰ぎましょう
周囲の人の助言によって、自分では気づかなかった一面を発見する可能性もあります。最初聞くときは恥ずかしいかもしれませんが、勇気をもって聞いてみましょう。

また、客観的に書く必要もあるので、周囲に聞くのはメリットが多いです。

自己分析シートを利用して就職活動の指針を定めミスマッチを防ごう!

courier-1214227_1920

就活中は、自己分析シート
就活の助けになる自己分析シートですが、自己分析シートで出た結果が100%正しいわけではありません。
もちろん長所や短所など性格に関する部分は簡単には変えることはできませんし、適応力に関してもなかなか難しい問題だといえます。

しかし自己分析シートで出た結果を見てどこをどうすれば自分を改善できるのか、現状の自分に何が出来るのか、どこを伸ばせば就活が上手くいくのかといった指針には必ずなるはずです。
ですから必ず自己分析シートなどを使用して、自分自身がどんな人間なのかを浮き彫りにする必要があるといえるでしょう。